掲載中の作品

パナソニックから発売された「dl-sp006」は、次亜塩素酸を生成する事…

次亜塩素酸はどのようにして発生するのですか?

次亜塩素酸は、高圧源を使用することで発生します。

高圧源とは、高圧を利用して水を加圧する装置のことです。

高圧についてはこちらで詳しく解説しています。

今回は、塩水から次亜塩素酸を発生させる目的でパナソニックの「dl-sp006」を使用しています。

次亜塩素酸は非常に強力な殺菌剤です。

水を「漂白」させるので、「無漂白」になります。

つまり、水には健康を害する化学物質が一切含まれていないということです。

もし水に化学物質が含まれていた場合、「dl-sp006」はそれらの化学物質を分解して破壊します。

つまり、万が一水に汚れがあったとしても、次亜塩素酸が危険な化学物質を破壊してくれるので、体に害を及ぼすことはありません。

dl-sp006の使い方は?

塩水から次亜塩素酸を生成するには、パナソニックから発売されている「dl-sp006」を使う必要があります。

dl-sp006」は除菌に最適な商品です。

Photo by Cristal Montanez Venezuela

パナソニックから発売された「dl-sp006」は、次亜塩素酸を生成する事ができる携帯除菌スプレーです。

外出先でシュッと除菌できる、今までにない画期的な商品になっています。

塩水から1分で次亜塩素酸を生成できるので、ジアイーノを連れて歩いているような安心感が手に入ります。

今回の記事は、「dl-sp006」を深掘りしてみました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。