掲載中の作品

あの夏の暑い日、俺はライターを投げていた。

ポケットの中にちょっとしたものが入っていた、ニッケル。

それはニッケルで、男の人の姿が描かれていました。

私はそのニッケルを取って、車に戻って開けてみました。

そこには男が座っていました。

私は深呼吸をして “こんにちは “と言い始めました

彼は話し返した。”そんなことしなくてもいいのに、君に会えてどれだけ興奮しているか伝えたかったんだ”

私はただ微笑んで頷いた。

彼は目を閉じて私を見た。

私は彼のところに歩いて行きました。

私は座った。

そして、私はまた、よりソフトに “こんにちは “と話しました。

彼の目が開いた。

彼は私を見て微笑んで “愛してる “と言ったの

私は笑って、彼に「ぜひ会いたい」と伝えました。

彼は微笑んで、私の5セントをポケットに入れた。

そして、私はそうしました。

Photo by Antonio Marín Segovia

あの夏の暑い日、俺はライターを投げていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。