news

人工知能ニュースヘッドライン 2020/06/26

Contents

人工知能を持つアンドロイド、ERICAを主役にした映画が始動 – シネマトゥデイ


人類史上初、人工知能を持つアンドロイド、ERICA(エリカ)を主役にした映画『b(原題)』が本格的に始動していることが、The Hollywood Reporter ほか複数メディアによって明らかになった。
https://www.cinematoday.jp/news/N0116952
2020/06/26 22:33

がん幹細胞を識別するAI技術を開発 ~医薬品評価や病理組織診断など応用へ期待~ — 東京工科大学 – 大学プレスセンター


【背景】腫瘍はがん幹細胞と呼ばれる非常に少数の細胞群によって維持されており、これを標的とした治療法が注目されています。その研究ツールとして各種がん幹細胞の培養細胞の利用が始まっています。幹細胞が特徴的な細胞形態を呈することは、一部の研究者らの間では知見がありますが、幹細胞性を簡単に評価する方法はありませんでした。一方、近年のAIによる画像生成技術「Conditional Generative Ad…
https://www.u-presscenter.jp/article/post-43920.html
2020/06/26 19:00

誤差1cmで全身をAI採寸できるBodygramアプリが登場 | TechCrunch Japan


AI採寸技術のBodygram Japanは6月26日、服を着たまま全身の推定採寸を行える「Bodygram」アプリのiOS版、Android版配信を開始すると発表した。
https://jp.techcrunch.com/2020/06/26/bodygramjapan/
2020/06/26 20:01

河川氾濫や浸水 SNS投稿をAIが分析 情報提供 システム開発 NEC | NHKニュース


【NHK】河川の氾濫や浸水といった災害が起きた際に、SNSに投稿された被害情報を分析して即時に地図上に表示するシステムが開発されま…
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20200626/k10012485371000.html
2020/06/26 17:52

「つぶやき」から被災状況を可視化、NECが自治体向けにAI防災サービス | 日経クロステック(xTECH)


 NECは2020年6月26日、災害時におけるSNS(交流サイト)上の投稿をAI(人工知能)で分析し、被災状況を地図上に可視化するサービスを2020年7月から提供すると発表した。自治体や官公庁の危機管理部門における災害時対応を支援する。今後4年間で160アカウントの提供を目指す。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08235/?i_cid=nbpnxt_pgmn_topit
2020/06/26 18:41

人間とAIが共存する組織とは『アルゴリズムによるリーダーシップ:AI時代を誰がリードし、誰が従うのか?』 | ZUU online


人工知能が普及すれば、組織の運営方法も大きく変わる。その場合、主体になるのは人間なのか、はたまた機械なのだろうか。もし上司がロボットになった場合、思いやりや共感力、想像力、倫理、戦略的思考といった、人間の優れたリーダー像を示せるのだろうか。
https://zuuonline.com/archives/217215
2020/06/26 17:30

横浜銀行、AI活用して営業応対の記録をチェック–担当者の入力負荷を軽減 – ZDNet Japan


横浜銀行は、FRONTEO、NTTデータフォース、インテックと共同で、CRM(顧客関係管理)システムに人工知能(AI)を活用した「営業応接記録チェック」機能を開発した
https://japan.zdnet.com/article/35155928/
2020/06/26 17:13

富岳で新型コロナ治療薬の候補探索が加速、勢いづく日本の「AI創薬」 | 日経クロステック(xTECH)


 新型コロナウイルス感染症対策を契機に、人工知能(AI)などのITを用いた創薬プロセスが一気に加速しそうだ。ビッグデータの活用が浸透し、深層学習などのアルゴリズムも進歩した。それを支える計算機の性能も高まった。「AI創薬」が一気に花開こうとしている。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/01327/062500008/
2020/06/26 15:35

AIによる眼科画像診断支援!DeepEyeVisionが「AI.Accelerator」に採択 | Techable(テッカブル)


AIによる眼科画像診断支援サービスを展開するDeepEyeVision株式会社(以下、「DeepEyeVision」)が、ディップ株式会社のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI.Accelerator」における第13期…
https://techable.jp/archives/129333
2020/06/26 16:36

ディープフェイク(Deepfake)とは|歴史と表出した恐怖・その対策について | Ledge.ai


AIを用いて作り出される偽動画、ディープフェイクにより、私たち周りの「情報の信憑性」が問われています。本稿では今のネット・SNS時代を生き抜くために、ディープフェイクの歴史と生み出す恐怖、現在の対策について実例を通して詳しく解説していきます。
https://ledge.ai/deep-fake/
2020/06/26 15:00

最新技術、オンライン紹介 県と静銀、テックビート7月開催(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) – Yahoo!ニュース


 静岡県と静岡銀行は25日、県内企業と首都圏の新興企業をつなぐ「テックビートシズオカ2020」を7月15、16の両日にオンライン開催すると発表した。人工知能(AI)やロボットのほか、新型コロナウイル
https://news.yahoo.co.jp/articles/4625ede254fe2ef5e9e19beb023726c01362023d
2020/06/26 14:11

写真2枚でAIが全身を採寸、Bodygram Japanがアプリを提供開始 | 日経クロステック(xTECH)


 米Bodygramの日本法Bodygram Japanは2020年6月26日、スマートフォンのカメラを使いAI(人工知能)が全身を採寸するアプリ「Bodygram」の提供を始めたと発表した。これまではBtoB(企業向け)でのみ採寸技術を提供してきたが、一般ユーザーがアプリで利用できるようにする。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08228/
2020/06/26 13:22

AI使い数センチ単位で 東大ベンチャー 浸水予測(テレビ朝日系(ANN)) – Yahoo!ニュース


自分の家がどこまで浸水するのか。AI(人工知能)を使って数センチ単位で浸水を予測するシステムが注目を集めています。 福島県内のある集落です。水がどの方向から迫ってきて水かさがどの程度まで上がるのかが
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200626-00000017-ann-soci
2020/06/26 12:07

アンドロイド「ERICA」、SF映画で主演に? – CNET Japan


対話型アンドロイド「ERICA」(エリカ)が、製作費7000万ドル(約75億円)のSF映画で主演を務めるという。
https://japan.cnet.com/article/35155904/
2020/06/26 12:03

第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた:福島民友新聞社 みんゆうNet


AsiaNet 84551 第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた 天津(中国)、2020年6月25日/PRニュースワイヤー/ — 現地時間の6月23日午後、第4回…
https://www.minyu-net.com/prwire/PR202006261326.php
2020/06/26 11:20

第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた – CNET Japan


第4回世界知能大会は天津で開催され、「オンライン」の新しいモードが現れた
https://japan.cnet.com/release/30454737/
2020/06/26 10:35

JALデジタルエクスペリエンス デジタル駆使して旅行需要を呼び戻す JALとNRIが提携パートナーと「体験」を提供 – 週刊BCN+


日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)グループの合弁会社のJALデジタルエクスペリエンス(三須基樹社長)は、デジタルマーケティングの手法を駆使してコロナ禍で大きく後退した旅行需要を呼び戻す。
https://www.weeklybcn.com/journal/explanation/detail/20200626_174951.html
2020/06/26 09:06

知らないと恥ずかしい!? IT用語クイズ(全7問)【ニュースがよくわかる用語編】 (1/2):MarkeZine(マーケジン)


 マーケターも耳にする機会がますます多くなっているIT用語。ニュースでも聞くことの多い言葉、Web用語、セキュリティ用語などを、クイズで確認しておきましょう!/『IT用語図鑑 ビジネスで使える厳選キーワード256』(翔泳社)より。
https://markezine.jp/article/detail/33620
2020/06/26 08:00

日本農業新聞 – AIかん水システム普及へ 定額で低コスト JA三井リース、メーカー提携


日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
https://www.agrinews.co.jp/p51180.html
2020/06/26 07:05

画像処理技術とディープラーニングによる金属組織試験自動化ソリューション – MONOist(モノイスト)


東芝デジタルソリューションズは、画像処理技術とディープラーニングを活用した金属組織試験自動化ソリューション「AI等級判定サービスMETALSPECTOR/AI」を提供開始した。厳格化する品質管理や熟練検査員不足に貢献する。
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2006/26/news025.html
2020/06/26 07:00

「スーパーシティ」は監視社会なのか? 個人情報保護・住民の合意がカギ |ビジネス+IT


特定区域を国家戦略特区に指定して法規制を緩和し、人工知能(AI)やビッグデータなど先端技術を街づくりに活用するスーパーシティの公募が9月にも始まる。内閣府は公募に手を挙げた地方自治体から5カ所程度選び、未来都市づくりを進める方針。高齢化の進行や人口減少、人手不足など日本社会が抱える課題を先端技術で解決しようとしているわけだが、個人情報の流出や監視社会の到来を招く危険性があると指摘する声が出ている。奈良女子大大学院人間文化総合科学研究科の中山徹教授(都市計画学)は「公募に応じる自治体は個人情報の取り扱いについて住民の同意をしっかりと取る必要がある」と指摘する。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/38195
2020/06/26 06:44

医療用AI開発は中国が圧倒的に有利なワケ 日本は「あっという間に」置いていかれる 三津村直貴の“今さら聞けない”テクノロジー講座|ビジネス+IT


中国は今、あらゆる産業分野でのAI活用に力を入れています。ボストンコンサルティンググループ(BCG)の「企業の人工知能(AI)の導入状況に関する各国調査」において、中国はアクティブプレーヤーの割合が世界トップレベルであることが示されました。それに対し、日本は全体的に低調で、特に医療(ヘルスケア)においては大きく水をあけられています。医療へのAI導入に関しては他国も進んでいるとは言えず、中国が突出しているのは明らかです。これには、いくつかの中国特有の事情があります。
https://www.sbbit.jp/article/cont1/38154
2020/06/26 06:15

作成中ドキュメントの類似・関連情報を提示 | 日経クロステック(xTECH)


 図研プリサイトは、参考となる情報を人工知能(AI)が提示するナレッジマネジメント支援システム「Knowledge Explorer」の新版として、検索機能を高めた「同v4.0」の提供を開始した。文書ファイルを検索フィールドにドロップするだけで、類似・関連テーマを持つファイルを見つけられる。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08168/
2020/06/26 05:00

高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。