掲載中の作品

とある昼下がり、3人組の青年は街をぶらぶら散策していた。

ティング。いや、この建物の名前は言わなくていい。わからなかったら聞いてくれればいい。”
“うーん…そうですね、今まで見てきたものとはちょっと違いますね”
“ええ、現在はC-Systemsという会社が所有しています。1980年代初頭に建てられたもので、全部で30のテナントが入っています。スペース的に一番大きいテナントは警察で、2番目に大きいのがFBIで、FBIがビルの約30%を占めています。また、この街には非常に多くの警察官がいるため、このビルには様々なサブチームが配置されています。一番小さいのは消防署で、一番大きいのは警備部です。入居者は全員、警察署で働くプロで、少なくとも50歳以上の方ばかりです。”
“なるほどね。”
“本当にいい人ばかりで、みんないいマンションに住んでいる。それに、管理人さんが言うには、3年ごとに建物を改築しているから、家賃も少しは下がるだろうとのことでした。”
40代の男性が、うなずきながら言った

Photo by Onasill ~ Bill – 85 Million – Be Safe

 とある昼下がり、3人組の青年は街をぶらぶら散策していた。それも近頃の不景気の影響だった。使っていたビルが壊されることになり、追い出される形で新しいビルを探していた。

 仕事は探偵事務所であり、所属探偵は18人。それぞれがかなりの腕前だ。それぞれ得意分野が違うこともあり、行動は毎回別のチームでの移動が多い。

 表通りから少し離れたところを歩いていると、少し寂れた真っ白なビルが3人の目に留まった。大きさ的には18人それぞれの部屋が取れるほど大きく、かなり新しい建物だった。

 じっと建物を眺めていると、テナントになりたいのかと後ろから声を掛けられた。振り向くと白髪混じりの女性がこちらを珍しそうに眺めていた。その旨だと伝えるとそのビルの管理人らしく、建物について詳しく話してくれた。

 『白銀堂』と言うらしく、前にも借りていた人が多くいたらしい。今はいないのか尋ねると、かなり前に引っ越したと言われた。どうやら心霊現象が起きるとのこと。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ひろのちんちんは大きい。

勃起してしまったのだろう。 #8220;あなたが処女じゃないとかじゃないのよ #8220;と彼女が言うと、彼は泣きそうになる。 #8220;彼は泣きそうになりながら、「いや、そうじゃないよ」と言います。#8221;じゃあ、あなたは本当の意味での童貞ではないと思うわ。#8221; 彼女は何か嫌なことを言おうとしているように彼を見ま...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

舞台はモルモットが車になった世界。

時空を行き来できるかわいい小さな車のオリジナルストーリーです。金の心を持った小さな小さな車を中心に、友情と愛と友情と恋を中心に展開する物語です。 登場人物は、超キュートで大きな丸い目をしていて、たくさんの笑顔を見せてくれて、たまにはちょっとおふざけもしてくれる、愛らしいモルモットです。 アクション...
0 0
2021年2月14日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

おにぎり

1.00 11.4 11.4オンス 2.25 0.55 (0.53) 0.55 (0.53) 100% 料理の内容 4-6 ピザ生地 ½カップ(2.5オンス)の温かい水 溶かしバター大さじ3~4(1/3カップ)、分量外 砂糖大さじ2(1/4カップ)(分量外 イースト大さじ1(2.5オンス 無塩バター(柔らかくして細かく切ったもの)2.5カップ(8スティック 塩小さじ1 挽きたて...
0 0
2021年4月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。