掲載中の作品

この作品「オルタナティブガラケー」は、史実とは異なる世界(パラレ…

物語の舞台は、パラレルワールドです。世界の終わり」、「新しい人類の台頭」、「新しい悪」など、いくつかのテーマで物語を進めています。私のブログ、ツイッター、フェイスブック、ブログスポットでご覧いただけます。
登場人物は、物語の主役です。彼らは、日本の「超自然人の種族」とは異なる「新しい人類の種族」です。本来の「人類」は過去のものであり、「新世界」では消滅している(していない)。
舞台は未来。それに代わる “新世界 “の “開拓者 “が日本民族であり、彼らは “ガラケー”(ギャラクシアン)と呼ばれている。超人である新人種と旧人種が、この新世界の支配権をめぐって戦いを繰り広げる。
複数のテーマでストーリーを進めています。”ガラケー “というオリジナルの人類だけが新世界にいるわけではなく、他の人種もいます。日本人という人種だけではなく、他の人種もいます。
また、”新世界 “は “ガラケー “という人種が支配することになり、”オリジナル “という人種が支配することになります。

Photo by ILO PHOTOS NEWS

この作品「オルタナティブガラケー」は、史実とは異なる世界(パラレルワールド)の2000年代(西暦2000年の原宿)を舞台としたSFです。
世界観:

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

・・・そのグルガン族の男は静かに語った・・・白銀なる「白」の世界の...

黒」の世界の王様。 茶色い世界の王子様(#8230;ん、/ˈjɛti/#8230;噂には聞いていたが、ここまでとは #8230;#8230;)[由来]西のコルカタ・アオルタ山脈に住んでいると言われ、封印されている。コルカタ・アオルタ山脈に住み、コルカタ・アオルタの燃える魔眼で民話や伝承でメテとも呼ばれるオポオポのように生と死を繰り...
0 0
2021年4月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

1990年4月6日に『強敵有象無象』の金曜枠として始動――。

プロローグス」という名前は、ちょっとわかりにくいですよね。このプログラムの生みの親は私です。プログラマーである私が作ったものです。私は「Enoch」と呼ばれています。 エノク」というのは、日本文学の有名な、長い間死んでいた長寿の作家の一文字の名前です。 私は日本の文章にはあまり詳しくありませんが、#8221;...
0 0
2021年4月4日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

その世界は定型詩とアクション映画が融合したような世界でした。

だから私は前に進んだ。 だから、曲の終わり方には「前に進む」という意味が込められているんです。曲の終わり方としてはいいと思います。友達には別れは言えないけど、新しい友達には前に進むことができる。 曲の終わり方が面白かったですね、ある種の締めくくりのようなものを持った一行だけで曲を終わらせたのは。そ...
0 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。