掲載中の作品

このアメリカ映画「スティールパンク」の舞台となる世界は鉄鋼が広く…

スティール・パンク」は、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、マーク・ストロング、ジョン・マルコヴィッチの4人が、スティール・パンクの秘密を探るために世界中を旅する現代の冒険家たちを演じたアメリカ映画です。本作は、冒険・冒険旅行映画のジャンルを現代風に風刺した作品です。

映画は、スチールパンクと古代の遺物を探すために鉄鉱山に入る探検家たちの姿を描いています。映画が進むにつれ、探検家たちはジェットスキーなど、現在も使われている鉄鋼関連の発明品を利用します。この映画では、テクノロジーと環境の関係や、登場人物の生活の中でテクノロジーが果たす役割についても考察しています。

本作は、オーストラリアの南オーストラリア州でロケが行われました。アメリカでは2000年12月16日に、イギリスでは2000年11月27日に公開されました。

内容紹介]

プロットのあらすじ

19世紀末、あらゆるところに鉄が使われ、テクノロジーが高度に発達し、世界が支配されている世界から、映画は始まる。

Photo by Hari K Patibanda

このアメリカ映画「スティールパンク」の舞台となる世界は鉄鋼が広く使われている設定で、1870年代~1970年代の雰囲気がベースとなっている世界である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。1870年代~1970年代が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新が登場し、同時に1870年代~1970年代のファッション、文化、建築スタイル、芸術が描かれている。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

彫刻家として有名な尾川宏による作品「鐸」。

日本の美術家、小川宏氏によるベルの彫刻。ベル」とは鈴のこと。作品を振ると涼しげな音がします。©iStockphoto.com/jdgwilson 鐘の彫刻の使い方 この彫刻には効果音がよく使われています。鐘、チャイム、ホイッスル、台座についているホイッスルなど、たくさんの音が彫刻に取り入れられています。 この彫刻では、鈴の音...
0 0
2021年1月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

浜松市の交通網についての現状と対策

#8220;私たちは、原発事故後も、市の住民や訪問者が、自然環境や市のインフラ、そして多くの資源を継続して享受できるよう、交通網の整備を積極的に推進していきます。 #8220;私たちは、公共交通ネットワークの安全な発展を確保するために、そのシステムと運用方法の継続的な改善と拡大を確実に行うことを含む一連の措置...
0 0
2021年3月15日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

異世界へと飛ばされる子ども

英語では、childという単語は若いという意味の形容詞としても使われますし、方言によっては #8220;小さい #8220;とか #8220;小さい、小さい、小さい #8220;という意味の副詞としても使われます。形容詞自体は一般的に名詞として使われていますが、若い人を指す場合は、かなり古風でやや侮辱的な意味で使われています。 ...
0 1
2020年12月23日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。