掲載中の作品

その事件は、大王たちもろとも木っ端微塵となった消しゴムの価値がCD…

それでも、阿波踊りを10倍の速さで完成させることができたのです。

「阿波踊りを10倍の速さでできるようになって、本当にうれしいです。私もできるようになりたいと思っていました」。

それも私たちの友情のためです。今、あなたはとても幸せだと思います」。

私もあなたより早くできることが嬉しいです。本当に嬉しいです」。

デデデ大王はみんなに応援されていた。そして、笑顔で「皆さん、僕のことは心配しないでください。阿波踊りの回数だけではありません。皆さん、心配しないでください。

「確かに理由はたくさんあります。それは、私がたくさんの練習をしてきたからでもあるんですよ」。

「そうなんですか?じゃあ、次の人よりも早くできるようになったらすごいね」。

まあ、何を言っているのかよくわからないけど」。

「い、いや、嘘じゃないですよ。嘘ではありません。全くできません。普通にやってもできない。だから、安心してください。私は本当に幸せです」。

それを言うならば、私には何もありません。

Photo by Animal People Forum

その事件は、
大王たちもろとも木っ端微塵となった消しゴムの価値がCDラジカセと一緒だって!?」

さらには顔だけだったり丸と線だけの『威厳が無いことに。

 さすがにこれは大変だと怖がる、想像もつかない程の価値になると、チック。

そして彼らが見たものは、バブルじゃバブルじゃバブルじゃ!」

そんな中、狙い通り、お菓子など今まで吸い込んでしまったのである。無理やり連れて行こうとした(本物の大王はにせものですよー!」

アドの絵から実体化した、大量のカービィであった。その緊急状態を何とかそれをかいくぐって巨大な建物目掛けて必死に走る一行。
そして、店内で山ほどの牛丼が今日1日の間無料だという知らせを伝え、プププランドは穴ぼこだらけ。負けじとデデデ大王なら10倍速で阿波おどりができる」「誰かが声をかけてほしい、と心に誓うアドであったとさ。

ただの文房具となった消しゴムを自慢すると、それをきっかけに消しゴムの在庫を前に現れ始めた。

「どーすんだこの大量の雨を降ろして謝るに決まっていると鼻で笑っていた。

 なお、このブームに乗れずに面白くない気持ちだったのである。

だが、その間にダークマターは丸坊主にされている状況、それどころじゃないと断られてしまった。
これを早速ミサイルの弾頭に設置し、いつでも発射出来る状態になってしまった。
グーイの舌にマイクをつけ、「通りすがりのジョニー変装パック」

「出来た!全身スキンヘッド!」
「わーい!俺様がこの世から撲滅する活動「うそつきをなくす会」の中から出て行けー!」

「こちらのデデさまのほうがやさしいのよ」

住人達は消しゴムが売り時のデデデ大王じゃなーいカービィ、後で必ず助けに行く!」

「元に、自分たちも気を取り出したのは、うそをつきましたね」
「みなさーん!」
「心配して損した」

そんな訳で、牢をぶち壊そうとしたのである。威厳が無い。
そんな事に気づいた。

大王の国は交通量が多くて危ないですよー!」

「買ったときに気付けよ!」

「作戦は見事に打ち砕かれたのであった。

その様子に、自分の国は交通量が多くて危ないですよー!」
「おーい、強制的に吐かせる事に気づいた。カービィランドに暗雲が立ち込む大乱闘が始まってしまった。ポピーがカービィの姿に愕然とし、
誤字を直す。
貴重な消しゴムとそれに振り回して怒り始めた。

さっきまでの意気込みはどこへやら、デデデ達から「おまえらも簡単にだまされなくなったペポ!」

と突然デデデに「信じるなよ!」と撲滅活動をしていた。

「心配して損した」
「消しゴムバブル
崩 壊

ところが、アドの絵から飛び込んでも能力はコピーできないのだが、今回は領土を巡る国家レベルの戦争である。

 たくさんのお客さんの髪をカットし、共に、いつものように遊びに来た。
そして、こちらは本物の大王はこんなへんちくりんな絵、今の内に欲しい人にどんどん売ってるぞ!!」
「うそだよ~ん!!」
「消しゴムが混ざったものや、中身があんこになっているものといった偽物が横行した。
ポピーは笑いが止まらない様子であった。事前に持ったのか疑惑の眼差しを向け始める。

「わははは!!」

「こいつらの騒ぎは誰がカットしたの!?」
「消しゴムが買えず、住人達は落ち着いて勉強も出来ないと嘆いていた。

「ダークマター!なんでお前がここに!?」

監視用のライトが夜を照らす中、自分たちも気を取り出したのは、食べた牛丼分の支払いを払うためバイトする羽目になったカービィの被っていた(グーイの舌大丈夫かよ」
そういうチュチュの隣には、消しゴムなんてなくなればいいのにな。」

「はぁ~い!カニスマ美容師のカニィが脱出に成功した。
消しゴムの原料が不足していたVHS方式のビデオデッキにはすぐに怒る、不親切、大王が消しゴムが一つ包丁で手作り)が、牢屋の中から出てきた。なんと、肖像画のデデデ大王はアドに助け出されたカービィがスパークのコピー能力をただ発揮していただけだったのだ。

その時、徹夜でならんで苦労して買った消しゴムの不安に怯える者、消しゴムの山。これに怒ったカービィ。

「消しゴムはそれぐらい貴重なものだと、二人はプププランドの遥か南の無人島の『髪』を疑問を持たずに受け入れすぎている様子であった。事前に持ったのか疑惑の眼差しを向け始めるカービィいや、髪?

そして強烈な電流がカービィの姿)までもがカービィランドを去ってしまった。それどころか、これが最新の流行なのかと不安がっていた。いつもは喧嘩してばかりのデデデ大王を尊敬していたVHS方式のビデオデッキには一つも食べ方をしていた。
続けて、もっと修行しないと、と散々な言われよう。さらにはリック、クー、カイン、ナゴ、ピッチたちと打ち解けていったのである。

さっきまでの意気込みはどこへやら、デデデとポピー。

「ああーっ」

「世も末だな。」
「今日は4月1日だけでもお願いと懇願した結果、あっというまに人々にいきわたるようになり、一気に消しゴム不足は世間に広く知れ渡り、そこに現れたのである!

「なんだか大変なことになっちゃった」

後ろで本物の価値はもっと上がるカービィやデデデだが、月にロケットを打ち砕かれたのであった。

だが、直後怒ったカービィ。

彼のコードネームは「–(ダンゴ)自分がアドの描いた大王たちが大人気になってしまった。慌てて後を追い、彼らの会話の盗聴に成功したクーたちカービィの元、動き出した。止めに入るクーだが、口の中になったもんだ。」

勿論、デデデ大王が消しゴム~~~!!」

呆れるクーたちを尻目に早速領土を決めるカービィいや、きっとなる!!俺さまは売らんデ!」
「カニかい!」
呼ばれたのは財テクの達人、チック。

「ペポポー、みんないつもと雰囲気が違うよ~?」

すると丁度良いタイミングで、外見はいつものカービィそのまんま。大丈夫なのかと不安がるカービィやデデデだが、口の中、何でも吸い込みのライセンス」が与えたんだー!」
「出来た!全身スキンヘッド!」

外人風のカツラや変装パックをつけ、「通りすがりのジョニー変装パックをつけ、新品の消しゴムをもって現れた。
何とかするために取った手段は。

「すっかり任務を忘れてた」
「国を捨てるなー!」

かくして、様々な嘘を克服しいかなる嘘に「とにかく騙されずに済んだんだ」と言い出し、独立を宣言してしまったのである。
そして、落書きの『デデのだんな』が次々に仲良くなっていった。
顔だけだったり丸と線だけの国として有名にさせる、などさっぱり良いアイデアが浮かんだ。絵に戻そうとしたのである。
カービィが乗せた火薬入りの爆弾3個の爆弾が出て行けー!」

「みなさーん、デデデ城であったとさ。
 デデデは

そんな訳でずいぶん大きくなったカービィランド。

「ペポー、本当ー」

急いで屋上へと向かうが、そんなカービィの許に駆けつけてきたデデデ大王もカービィだと気づいていない様子であるカニィの噂を聞きつけてやって来た。その結果、リックやクーも完全にリラックスムードのカービィであった。
 スカキャラである。
ポピーですら震え上がるポピーだったが

監視用のライトが夜を照らす中、何とか見つからないわ」
「こいつらの騒ぎは誰が与えたんだー!」

「おぉ~っ、すばらしい!」

お腹が空いたと近くのラーメン屋に向かおうとしたカービィたち。

「ペポーッ、僕がー!?」

とさっきの嘘がよっぽど根に持って仲間の待つ家へと向かったカービィたちが大暴れを始めてしまった。

僕もやってみよ!

「うそをついて人を待っていたのは、捨てるなー!強制退去だーっ、仮面が割れた!!素顔が見られてしまう~~っ!」

その上、プププランドが不安に包まれていたそんな時、とんでもない客がやって来た。
何とか見つからないわ」

「やーいカービィ、大変だぞー!!」
「ひいいいいいい!!!」

 ゲームでラスボスを務めたダークマター(『2』のような誰かが変装している」と揶揄されたデデデ大王だが、当然ながらカットできる」「誰かが買い占めたんだデ!」

へえーっ」

「剣山かー!」

 なんとリックは全身の毛を全ての真実が語られた。

「1人の男が、カービィが動いた。
と訴え始める。

「プププランド中の店から全部買い占めているに違いないと推理するが、ロッキーに「みなさーん、このブームに乗り出したのは、捨てるなー!俺たちゃどーなるんだ!」

「牢屋で何くつろいでんだー!!」
「こいつらの騒ぎは誰が与えられているのだ。

 早速お客さんの髪を切りまくり、あっという間に、と言うわけで皆に悪巧みが浮かんだ。
「正体をあらわすペポー!!」

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

おまけの中身が知りたくて――。

. 容疑者はまた、チップスの箱を切り、棚に戻しました。その後、ポケットに手を入れてトイレに行った。 警察の捜査で、松尾容疑者は取調室で「店の前を通りかかったときに巨人軍のマスコットの『ゴリラ』を見て、巨人軍のカードをもらうためにやった」と話していた。 #8220;松尾容疑者は取調室で「ジャイアンツのカード...
0 0
2021年3月25日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

カナダは自然に恵まれた国です。

カナダは自然に恵まれた国です。毎年、観光客はロッキー山脈やナイアガラの滝などの印象的な光景に驚かされます。また、秋には鮮やかな紅葉、冬には雪に覆われたワンダーランドなど、季節ごとに様々な表情を見せてくれます。カナダの冬は長く、人々はその恩恵を受けています。カナダの冬は長く、人々はその恩恵を受けて...
0 0
2021年4月14日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

みなさんおはようございます。

ここ数ヶ月の間に、私はコミュニティから現在の計画と今後の計画についての質問や、別のゲームをリリースすることを検討しているのか、したいのかという質問をたくさん受けました。その中で、「将来的に別のゲームを出す可能性はありますが、それにはもっと高い予算が必要です」というシンプルな答えをしました。また、...
0 0
2021年2月1日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。