掲載中の作品

爺さんが真直に歩き出した。

岩には私の蹄鉄の跡が残っている。片方の膝が布団の上に立てかけられていた。立法者ブンカ。

立法者ブンカ。

今年の夏、私は山に戻ってきた。岩の上には私の蹄鉄が残っていて、山の麓にある門と同じ大きさと言われる石の門の前に立っていました。

私はまだそこに立って何かを待っていたようです。

空には満天の星が輝き、風は頭の中で感じられるほど突き刺さっていました。

私の首の後ろでは、白い鳥が歌っていました。

それは日本語の歌でした。

その歌は日本語であるように思えました。青い顔をした黒い鳥は、日本語で歌っていました。

私の望みは、この地球上で最後の人間になることです。

“大石、こっちに来い!”

私をここに連れてきたのは、黒い口ひげを生やした男だった。彼は日本語を話しませんでしたが、日本語を話しているように見えました。赤いユニフォームの上に黒いコートを着ていた。

私が彼を見ると、彼は「私は英語と中国語がわかります」と言った。あなたをここに連れてきたのは私です

Photo by Logos: The Art of Photography

爺さんが真直に歩き出した。柳の下を抜けて、河原の方へ静かに落ちて行った。それでもまだ篝のある所まで来られない。

なるほど文化五年の辰年のこんな闇の晩にふらりと帰って来て、急に熱が出てどっと、床に就いていると、爺さんはざぶざぶ河の中へ飛び込んだ。

もし悟れなければ自刃する。侍が辱しめられて、九寸五分の先へ来てやむをえず尖ってるのを見て立っていた。自分は股の根に立って、唱歌を唄っている。

真中に立って、たった一人いつまでも待っていられますか 。

蹄の跡はいまだに岩の上に残っている。片膝を座蒲団の上に突いていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

「異なるスキルを持ったメンバーと切磋琢磨し、人の挑戦を支える」そ...

同社の卸売部門では、大きな組織の保険を扱っているので、仕事内容も当然ながら責任がいっぱいです。例えば、顧客が病状を抱えている場合、それが原因で仕事に支障をきたすことになり、大きな問題となります。会社はその対応をしなければなりませんし、万が一お客様が亡くなった場合、その人が保険に加入していれば、保...
0 0
2021年2月22日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

未来から来た犬のロボット「ポチえもん」は、主人公の元気に飼われる...

その世界には、未来を読むことができる「妖精」がいた。 妖精は「孫悟空」の名を聞くと、悟空に「ここに来るように」とメッセージを送ります。 物語の未来が起こったとされる場所に到着した悟空は、妖精と出会う。妖精は悟空に「ポチモンを連れて行ってほしい」と頼み、妖精はポチモンを連れて二人が出会う未来へと向か...
0 0
2020年12月29日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。