掲載中の作品

ではデジタル化の均衡点とは何か。

だから私はそのようには見えません。デジタル化について考えるとき、それは「世界の終わり」ではないと思います。デジタル化は地球にとって悪いことではないからです。デジタル化は一般的な経済発展の必要な段階だと思います。デジタル化は、人間の種にとって必要な段階です。それは人類の進化における次の一歩です。

だからこそ、私はデジタル化について非常に楽観的です。ご存知のとおり、それは非常に大きな可能性をもたらしました。それは革命的な変化でした。それは大きな可能性をもたらしています。そして、デジタル化された世界に移行する時が来たと思います。私たちはその移行の初期段階にいると思います。

デジタル化された経済は、人々が本当に自営業する世界です。それは人々が一緒に働く世界です。それは、人々が創造的な方法で、目的意識を持って働く世界です。そして、必要に応じて、異なる方法で作業できる世界です。必要に応じて、別の方法で作業できます。

それが最初のことです。そして、それがデジタル化に関して私が気に入っていることです。それはそれへの一歩です。そして、それは私がそれが必要だと思うものです。

デジタル化された社会とは、人々が望むときに、望むときに何でもできるという意味で、本当に自由な社会です。そして、それは2番目のことです。そして、それが第三のことです。そして、これが長期的なデジタル化の主要な課題の1つです。

短期的には、それは多くの理由で大きな挑戦です。まず、私たちは人々が働いていない社会に住んでいます。彼らは仕事を持っていないので、彼らが残した時間で働いています。私たちは、人々が持っている手段で働く社会に住んでいます。そして、長期的には、デジタル化は、デジタル化された経済を作成する条件を作成します。

最初の部分を見てみましょう。雇用データを見ると、途方もない量の失業があることがわかります。米国では、仕事のない人がたくさんいます。そして、それはデジタル化のためです。そしてそれは雇用がないからです。デジタル化された社会では雇用はありません。

他の多くの人々もそうだと思います。雇用の概念全体を再考しなければなりません。私たちの社会全体の基盤は仕事に基づいています

Photo by Chrisser

ではデジタル化の均衡点とは何か。どう見いだせばよいのか。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。