掲載中の作品

国内産丸大豆しょうゆをつぎ足しながら旨味が凝縮した秘伝タレでじっ…

角煮は日本では日本人や中国人に人気の料理です。 角煮(溮牛)は、様々な野菜や魚を使った料理です。 角煮と呼ばれる甘辛いタレに野菜や魚を混ぜて食べるのが一般的です。 角煮とは魚の海老の和名で、角煮と呼ばれる甘くて濃厚なタレで魚を蒸して味付けしたものです。

日本では角煮はとても人気があります。 角煮は別名「芽牛(角煮)」とも呼ばれ、「魚のスープ」と訳されます。 一般的には、野菜や魚を角煮と呼ばれる甘辛いタレに混ぜて食べる料理です。

日本版の角煮はご飯と一緒に提供されることが多いです。 エビ、カジキ、ウナギ、ブリ、岩ウナギなど、さまざまな種類の魚を使って調理されます。 甘辛いタレがかかっていて、かなり香ばしいです。 この料理は通常、蒸したご飯と一緒に提供されます。 ベジタリアンの方にも肉食の方にもぴったりの一品です。

角煮はお祭りの時によく出される料理です。 例えば、関西では、お祭りの時に食べるのが一般的です。

Photo by Angeles Chapter History Committee

国内産丸大豆しょうゆをつぎ足しながら旨味が凝縮した秘伝タレでじっくりと煮込んだ角煮、更にこのタレで味付けした野菜と一緒に混ぜご飯の素にしました。 旨味がたっぷり詰まった甘辛風味の和風たれがご飯をいっそう美味しくします。角煮めしの素を湯銭で3~5分ほど温めて、炊き上がったごはんに混ぜてお召し上がりください。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。