掲載中の作品

彼は私にこう言いました「君はマイルスが時代に応じて様々な音楽性を…

彼の演奏を聞くまで、私は『いや、彼は偉大な音楽家ではなかった』と言いました。 彼は偉大な音楽家で、彼が演奏した音楽から多くのことを得ていた。 彼は偉大なミュージシャンだったんだ。
それから彼は1958年にリリースされたマイルスのファースト・アルバム『カインド・オブ・ブルー』について話してくれた。
彼はさらに、1960年に発売された自身のファースト・アルバム「On the Corner」について話してくれた。
このアルバムは大成功で、彼はミュージシャンでありながらレコード会社のために大金を稼ぐことができたんだ。
私は “それは素晴らしいことだ “と言った。
次に彼を聴いたのは、1960年代後半にニューオーリンズ・ジャズ・オーケストラで演奏していた時だった。
ニューオーリンズにあったマイルスの個人スタジオは、古いピアノ工場の中にあった。
彼のスタジオは彼にとって勉強の場でした。 彼は座って音楽を練習し、準備ができたら最後の曲を演奏した。
マイルスのアルバム「カインド・オブ・ブルー」は1000万枚以上売れた。
彼が若かった頃、マイルスは「ソウル・ブラザーズ」と呼ばれるグループに所属していた。
それはベーシストのジミー・ギャリソン、ピアニストのB.B.キング、ドラムスのB.B.キング、ドラムスのB.B.キングが含まれていたグループだった。

Photo by Castelló Notícies

彼は私にこう言いました「君はマイルスが時代に応じて様々な音楽性を見せ、ジャズ界を牽引した事実を知らないのかい?」
「ジャズ音楽の新しい価値観を我々に教えてくれた偉大なミュージシャンだよ、マイルスは」

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。