掲載中の作品

彼らは地獄の空飛ぶ鬼に慣れていましたが、これは飛ぶ鬼でした。

例えば、地獄に送られて悪霊と戦うことになった場合、体を使って抵抗することができます。
肉体が破壊されてしまったら、戦うことができない。
そうやって体を使って鬼と戦っていたのです。
地獄に送られて鬼と戦うのであれば、それに抵抗するために心を使うしかなかった。
それが彼らが体を使って鬼と戦う方法でした。
それは、人間が現実世界でどのように生きているかの鏡像に近いものだった。
あ、まだちょっと遠いけど、早く行くわね。 」
そして、二人の兄弟は窓を開けて飛んでいきました。
窓は鉄でできていて、光が入っていました。
これで飛んできたのなら、大丈夫なはずです。
三人兄弟は山の方へ飛んで行きました。
彼らは高級機のように高速で飛んだ。
彼らは、次のステップである街に入るために、生き残れるかどうかを確認したかったのです。
街に入るためには、門を通過しなければなりませんでした。
そして、ゲートへは、ゲートを通過しなければなりませんでした

Photo by IntrepidExplorer82

彼らは地獄の空飛ぶ鬼に慣れていましたが、これは飛ぶ鬼でした。
三人の兄弟は驚いた。
彼らには片方の翼しか残っていなかったのです。
これは、彼らが学んだ魔法のためでした。
悪魔は翼を制御することができず、彼らは飛ぶことができませんでした。
それは大きな問題でしたが、彼らが教えられた魔法のおかげで、彼らは心で悪魔をコントロールすることができたのです

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。