掲載中の作品

温泉

地元の公園でランチタイム

年の春、地元の新聞社で記者として働いていた私は、上司から自宅近くの人気のある公園に行って、同僚たちと昼食を食べようと誘われました。 車で上っていくと、木々を見渡してみると、花が咲いていることに気がつきました。 興味をそそられ、見てみることにしました。 公園の中に入ってみると、特に変わったものはありませんでした。 木々は満開になっていました。 人々は木の中で遊んだり、木から水を飲んだり、暑さと湿気から逃れるために何かをしていました。

ふと気がつくと、それは美しく、暖かく、緑豊かな庭だったのですが、咲いている木がどのようなものなのかは知りませんでした。 春とは何かも知らなかった。 植物が成長して花を咲かせていることは知っていましたが、花と木のつながりはまだわかりませんでした。 専門家に相談して答えを得たいと上司に伝えたところ、上司は私を会社に送ってくれました。

植物園の専門家に話を聞きました。 ないと言われました。

Photo by Big Car Collaborative

温泉

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。