掲載中の作品

そこは街はずれの森でした。

夜が明けて、月がとても寒かった。

そこは街のはずれの森だった。

鬱蒼とした木陰が光を遮り、薄暗い風景になっていました。

中に入りたい

そうですか?

そうだと思います。 すぐに雨が降るわけにはいかないからね」と言っていました。

長靴を脱いで地面に置く。

シャツと上着しか着ていないので、ちょっと小さいかな。

この森を利用して身を隠そうという考えもありますが、私の裸体をリットーネには見せたくありません。

リトネ、おいでよ。 森の中で待ってるから」って。

森は大きかったです。

結構大きいので、走るのに時間がかかりそうです。

吉田君…本当に中に入っていいの?

もちろん入りたいです。

そうなんですか? その気持ちがよくわかります」と言っていました。

姿が見えない。 それをするには、絶対にあなたの前で裸にならないといけない」と言っていました。

右」をクリックしてください。

「栗東だったら逃げただろうな」と思っています。

どうしたの? 森の中には木がたくさんあるので、彼はしないと思います。

Photo by Daniel Arauz

そこは街はずれの森でした。鬱蒼としげった木々が光を遮り、薄暗い景色でした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。