掲載中の作品

過去最長の在任記録を残した安倍総理が退任し、新たに菅内閣が発足し…

政府の新政策は、日本の国際関係を管理する従来のアプローチから脱却し、大国や地域大国との関係を重視したより積極的なアプローチを重視することにある。

政府は、安倍首相の下での外交よりも、より現実的なアプローチを模索している。 国連をもっと活用しようとしているし、数十年ぶりに軍事力を使うことも考えている。

日本は防衛的で先制攻撃的な政策から、朝鮮半島やその他の地域の平和と安定を維持するために、より積極的なアプローチをとる方向に向かっている。

また、平和主義憲法の改正も予定しており、日本国民の間では不安が広がっているが、新政権はこれまでの現状からの脱却に向けて動き出しているようで、これは良いことだと思う。

平和を追求するためには国際機関がベストなのかどうかはわからない

Photo by cseeman

過去最長の在任記録を残した安倍総理が退任し、新たに菅内閣が発足しましたが、まだまだ日本が向き合う課題は多く残されています。国内においては新型コロナウィルスへの対応をはじめ、低迷を極めるであろう経済をいかに活性させるか、また国外に目を向ければアメリカ、中国を筆頭にどういった外交戦略が取れるのか?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。