掲載中の作品

暗い森でした。

周りを見渡すと、枝の多い大きな木がありました。 暗い森の中を、隙間なく大きな樹冠が覆っていた。

それは巨大なドクロのような巨木でした。

“……えっ? 見たことのない場所”

私は戸惑った。

朝から怪しいと思っていたが、今は森を見ていないような気がした。

しかし、やはり気になった。

今までのようにゆっくりと歩けば、見覚えのある場所があるかもしれない。

ふと、何かを思い出しました。

“あ! ……ここなら行けるかもしれない……ここに入ればいいんじゃない?”

木を見ると、それは私が死んだ日の夜にあった木と全く同じでした。

枝は出ていませんでしたが、変わっていませんでした。

どこかから木を見ているような、漠然とした感覚がありました。

入り込む方法がないこともわかった

Photo by Υπουργείο Εξωτερικών

暗い森でした。隙間からわずかに太陽の光がさしこんでいました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。