掲載中の作品

これまでお葬式といえば、故人と関係のある人が参加する一般葬が基本…

コロナコロナウイルス(COVID)は、1976年にフランスで初めて分離されました。その後、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど世界中で発見されています。かつての葬儀は、基本的には故人と関係のある人が参列する一般的なものでした。しかし、ライフスタイルの変化や価値観の多様化、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、葬儀の形態も変化してきています。今回は、家族葬や直葬などの新しい時代を代表する葬儀と、コロナ時代の「新しい普通」に対応した葬儀をご紹介します。具体的には、21世紀に入ってから人気が高まっている「直葬」に注目します。故人の遺体を部屋の中に運び込み、密閉された棺の中に納める「直葬」は、以下のような考えを持つ人にとっては、適切な慣習であると考えられています

Photo by Elvert Barnes

これまでお葬式といえば、故人と関係のある人が参加する一般葬が基本でした。しかし、ライフスタイルの変化や価値観の多様化、さらに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、お葬式のかたちも変化しています。そこで今回は、家族葬、直葬などといった新時代を代表する葬儀や、コロナ時代の「ニューノーマル」に対応したお葬式をご紹介していきます

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。