掲載中の作品

私は小学校から、体育が苦手だった、習い事も特にやっていなかったし…

もう一つ得意だったのは、会話を聞いて理解することです。みんなの言っていることをよく覚えていました。また、友人の朗読を聞いたり、読んだりして詩を覚えるのが得意でした。音楽もよく聴いていました。経験豊富な先生の話に簡単についていくことができたし、言葉も流暢に理解することができました。

ある日、友達と一緒に座っていると、先生が立ち上がって話しかけてきました。先生は “君の名前は?”と言いました。周りの人たちはびっくりして、みんな「先生」と言いました。そして、”名前を言ってください “と言われました。と言われたので、私は「私の名前はマイケルです」と答えました。それから彼は言った “これを学びたいですか?” 彼は本を見せてくれて、「これが最初の10の韻です。これが最初の10の言葉だ “これを読んで覚えろ” それでみんなで読んで覚えたの そして、全員がうまくいった

Photo by Tomás Hornos

私は小学校から、体育が苦手だった、習い事も特にやっていなかったし、部活でも体を動かしたことはない。明確に苦手意識を感じ始めたのは、小学校低学年からだった。今では回復したものの元々極度の遠視で、特に幼いころは速く動くものを追うのが難しかったし怖かった。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。