掲載中の作品

「記憶」を科学的に分析してわかった小学生の子の成績に最短で直結す…

大記憶の謎を解く。脳についての新しい考え方

マシュマロ・テスト」は、1970年代に心理学者のアーサー・アロンによって、生徒がどのように学習するかを調べるために開発されました。テストは簡単で、生徒はクッキーの瓶から小さなクッキーを一つ取るように言われました。それから、クッキーを思い出すことができるようになるまで待つように言われ、それからクッキーの瓶に戻って、一つのクッキーを取るように言われました。

クッキーを思い出せた生徒には1ドル、思い出せなかった生徒には0ドルが与えられました。 生徒は何枚のクッキーを覚えていましたか?

答えは次の通りでした。

生徒の半分以下でした。

この発見は、脳は意思決定をするのは非常に得意だが、いざという時になると良い意思決定をする能力が低下していることを示唆しています。そう考えると、脳はおもちゃの車を持って遊び場にいる子供に似ていますが、ぶつかりそうになるスピード違反の車を止めることができません

Photo by denisbin

「記憶」を科学的に分析してわかった小学生の子の成績に最短で直結する勉強法

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。