掲載中の作品

このもう会えない事に対する息苦しさが大きな要因だろう。

そんなことを考えているうちに、時計を見た。
きっと女の子が来るだろうと思っていた。
そう思いながら、私は部屋の出口まで歩いて行った。
一刻も早く彼女たちに会いたいと思った。
そうして、私は宿に戻った。
歩いて帰りながら女の子に電話をしなければならないので、テーブルの上に電話を置いた。
もうすぐだよ!」(香月)。もうすぐだよ!」(こうき
お会いできるのを楽しみにしていました。(麗華)
麗華は椅子に座りながらそう言うと、その後ろには光希が立っていた。
…… あ、でもごめんなさい、出席できなくて。麗華はそう言って椅子に座っていた。
「いいんだよ!」(麗華)。
気にしないでください。私も帰りたいから、宿の様子を確認するために電話してみたんだ。それで、来ないかなと思って、宿に来たんです。」(コウキ)
あ、はい。」(麗華)
冷や汗が額を埋めた。
…… 今の聞いた?女の子は他の人に見られたくないって言ってたの?」(コウキ)
「そうだけど、私もあなたに会いたかったの。」(麗華)。
…… 「あ、でも、マイでは戻れないと思います。

Photo by LunchWithaLens

このもう会えない事に対する息苦しさが大きな要因だろう。
ただ、振り返ればそういのと事はいくらでもあり、時間が解決してくれる。
そして、いい考え方としてはこれからの事を考える事。
もっと、そういった数を増やしていこうと思うことが大事なんじゃないかな。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。