掲載中の作品

千葉神社の鯉

昔、幼馴染の友人がここに遊びに来てくれていました。彼は結構な頻度でここに遊びに来ていました。

彼が私のところに遊びに来ると、いつも小さな包みを持って帰ってきて、彼女はそれをポケットに入れていました。その中に彼女の好きな種類の花を入れていたのですが、その種類は「みかん」と呼ばれています。

彼はいつも小さな包みを持って帰ってきて、それをリビングの小さなテーブルの上に置いていました。

そして、彼はいつもこの花のパッケージをここにある本の上に置いていました。

彼はいつもそれを取り出してテーブルの上に置き、パッケージの中の花の名前を読んで、花の名前を読んで、いつもパッケージをここに置いていました。

これはかなり悲しいことで、彼がカバンから取り出して、ここに置いてある本の上に置くのが、最も典型的で平凡なものだったからです。

そして、これは特に悲しかったのは、彼がいつも長旅をしていたからで、これはいつも彼の最も悲しむべきものだったのです。

Photo by wyoguard

千葉神社の鯉

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。