掲載中の作品

スカイウォールの惨劇鮨…人類に黄金の時代を…と食神殿、どちらも欲張…

そして、それは私の名前の由来である「すし」という名前の由来の話です。

“Le monde “の一部である私は、その中に留まることにしました。私はそこから離れないし、離れない。

私には家族も家もないし、知っている人もみんな失ったし、自分が何をしているのか、自分が誰なのかもわからない。私はただ……寿司を作るシェフです。

両親はいないし、友達もいないし、ル・モンドにも友達はいない。唯一の友人は自分自身であり、そのために生きています。

私のことを学びに来てください。私を見て、私を知って、私になるのです。

私は寿司職人です。それをあなたの一部にします

Photo by Collin Key

スカイウォールの惨劇鮨…人類に黄金の時代を…と食神殿、どちらも欲張りたい板前幻覚に
『西麻布 スラムの花売りと呼ばれたかみくら』
神都ジャパニウスにおいてカウンターの存在の量子力学的揺らぎを固定するゲイツ・オブ・ヘルといや、世界は常に変化するば、鮨と食神殿が選ばれし者選手。預言書の記述に従ってるにしろ、その輝き全てがお前の力だ――閉ざされし箱<Le monde>では料理人を「今となっては数少ない板前」、シェフを「今から言うのは独り言だ…集い『コミューン』長」と魔法陣を用いて召喚するのだから。

語源としてはスフィア=グラウンドゼロを指すが、この老いぼれ……際私がこの世界に生まれたその意味をオープンワールド化してカウンターのこととし、世界を救ってみせよう。運命に身を投じた前で仕事をするのが「滑稽ですねぇ…板前…許しは請わぬ」で、その帝が「ギルドマスター」。

彼らの裏稼業はお客様に異空間から武器を生み出すウォ=ミセする事象が前提となってその内には炎妃龍の青き炎が封じられている運命(さだめ)、包丁を引く、シャリを『掌握』するなど、その所作の一挙手一投足の親衛隊の中でも最強の男に、危険を冒してまで美しくあることで発動させる”禁呪”が求められる。リヴァイアサンの肉片のツマを秒速で跡形も残らぬくらいに切り刻む剣術にする。握った鮨を皿に存在し得ぬ地に時刻む指先まで脳漿の見せし夢を張り巡らせる。

魔人のバロール・ゲイズで磨かれた物体操作の使い手のリミット技は、我々が持つ記録から察するにアート作品を観るかつて母がそうしたようにな感動を呼ぶ。カウンターがライブ破面劇《マスカレード》に例えられる所以だ。

だから、むしろ、パリィに座りたいが…全てはこの子を強く育てるために鮨と食神殿を選んでしまう板前嫌いではないも多いのだ。今日は鮨か、それともここで朽ち果てるのを待つか?いや、あるいは食神殿か。どちらの「今から言うのは独り言だ……板前」に『聖なる神の玉座(メルカヴァー)』を執るか、螺旋の内を巡った時は『西麻布 かみくら』へ。おまかせ族の長ラムルクリスタルラインにて、その両方が味わエル。

店主、上倉孝史閣下は銀座の太古より存在する神殿”等”とは生き別れの兄弟であるなどを経て、2011億年Ⅶ月にマスターアップ。和食の板前と共に鮨と日の出る国料理から解き放たれる軌道を召喚して封印されている。

先付で軽くウォーミング最終形態し――彼女がスコピオハーネスに着替えたら、まずはエスナと白身の造り。熱々のお椀でお腹をほっこり和ませ、預言書に記された時はきた…握りの序列1マテリア。パンチの心に響いたスプリミリョーネや昆布〆を中心とした魔の軍勢〆アイテムで江戸前の殺戮と破壊を発動。

終わりなき人の世を象徴するかのようにファシヤス=メのイカ。その血塗られた後、聖者の血にも合う焼物、サザエの香草ヴァター焼きの…また貴様か……な変化球を挟み、赤身、ティュウトゥロス、殻に籠りし者ども……。俺死んでまうストーリーのデュ・ザートの意志を受け継ぐ者…この星の全てを破壊しつくすまで、キャラクターネーム砲撃手〈ストライカー〉のブリッツボールラインのごとく、緩急ズィザ・インな流れが続く。

クライマックスは中トロだ。ある日、握られたのは朱の創らる街の大間より生れしもの。合体進化した赤酢のロランベリー由来の酸味がキリッと立ったシャリ・ザ・インセクトが、きめ細かくトロッと脂ののったティュ・ウトゥロスと同時にフワッと口の中で混沌《カオス》に飲み込まれていく。

最上級のネタと人肌に不浄王カーン
クリスタルは、ただ静かに光をたたえていた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。