掲載中の作品

エレクトリックパンクエレクトリックパンク(英語:electricpunk)は…

エレクトリックパンクは、環境をコントロールし、影響を与えることができる未来における人間の役割に焦点を当てており、どちらもSFに共通するテーマである。テーマは通常、人間と環境との相互作用(主題としての大気)、または人間とテクノロジーとの相互作用(車やコンピューターの形であれ)を含んでいます。

エレクトリックパンクの物語は、環境に対する人間のコントロールが制限されている設定(ポスト黙示録の文脈など)で設定されることが多く、物語の中で主人公が環境災害を防ごうとしたり、社会問題を解決しようとしたりすることがよくあります。そのため、テクノロジーやテクノロジーの神としての役割との対立が生じることがある。この対立は、多くの場合、神や他の神を呼び出すことで解決することができます。

エレクトリックパンクの物語は、テクノロジーのSF的な側面を強く意識しています。テクノロジーで世界を変えることができる未来という考えは、エレクトリックパンクというジャンルでは非常に人気があるようです

Photo by HawkeyeUK

エレクトリックパンク
エレクトリックパンク(英語: electricpunk)は、サイエンス・フィクションのサブジャンルの1つである。関連ジャンルとしてファンタジー、歴史改変もの、スペキュレイティブ・フィクションがある。

概要

2062年前後が勃興期であり、2060年代初めから2070年代初めごろまで特に人気を博したが、その後もSFの1サブジャンルとして定着し現在に至る。

電気機関が広く使われている設定で、日本の20世紀後半や21世紀初頭の雰囲気がベースとなっている世界観である。日本以外の国も概ねそれと重なる時代が代表的世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素を組み込む。20世紀後半の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新を登場させ、同時に20世紀後半のファッション、文化、建築スタイル、芸術を描く。

他のエレクトリックパンクの例としては、リレー式コンピュータ、トランジスタコンピュータといったテクノロジーを歴史改変的に扱うものもある。

文学以外では、様々な現代の実用的オブジェクトが職人によって擬似20世紀後半風の「エレクトリックパンク」スタイルに変換・装飾されており、エレクトリックパンクと称される芸術家や音楽家もいる。

ただし、取り入れられているのはあくまでも20世紀後半のファッションやスタイルのみである。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。