掲載中の作品

ポッポは10万ボルトに打たれました。

10万ボルトにやられた若者に会った。彼は腕を骨折して家の前に立っていた。

彼は私に言った “私はピカチュウを見た…”

彼は私に言った “私は私のピカチュウを見た…”

腕からピカチュウが飛び出してきて、私を見ると目が涙で真っ白になっていました。彼は “ポケモントレーナーさん、私を癒してください “と言った。

私はピカチュウを渡して癒してあげました。

腕からピカチュウが飛び出してきて、私を見ると目が涙で白くなっていた。彼は “ポケモントレーナーさん、治してください “と言った。

私はピカチュウを渡して癒してあげました。

私のポケモンたちは、私に救われました。

この詩は14歳のポケモンファンが書いたもので、彼のピカチュウであるエレクトアブズが野生のピジョットに襲われた時に10万ボルトに襲われたというものです。

彼はピカチュウとピッジオットを飼っていた。

彼は10万ボルトにやられて、彼のピカチュウは死んだ。

彼のピッジオットは生き残りました

執筆当時、著者はポケモントレーナーでした

Photo by flickr4jazz

ポッポは10万ボルトに打たれました。その時、目の前に現れたのは、伝説のピカチュウでした。

『ここは僕に任せてくれ!!』

と叫ぶピカチュウを尻目にポッポは、傷の痛みに耐えながら大空を羽ばたくのであった。

あれから、数年後の事でした。僕は、ある人に出会うのであった…

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。