掲載中の作品

ある日、海斗は声を発することがまったく出来なくなってしまった。

ある日、海斗は全く喋れなくなってしまった。桜子の顔は火傷でぐちゃぐちゃになっていた。ある日の休日、海藤はバーで一人で居眠りしている桜子を見た。海斗は叫んだ。汗びっしょりだ!」と。そこで海斗は桜子に一万円札を投げつけて「これでいいんじゃないの?と言ったそうです。これでいいんじゃないの?これでいいんじゃないの?

6日経った今でも子供たちは行方不明。海斗は何もしていないのにも関わらず、色々と大変なことになっています。

6日経っても子供たちは行方不明のままだ。海斗は何もしていないのに、まだ大変なことになっています。

ある日、桜子は海斗を学校まで送っていったが、海斗が授業に出てこないので、桜子は本当に心配になった。

あれから6日が経ちましたが、子供たちはまだ行方不明のままです。海斗には何の関係もないのに、桜子は大変なことになっている。

六日経っても子供たちは行方不明のままだ。海斗が何もしていなくても、彼はまだ大変なことになっている。

海斗は次のチャンスがあるかどうか…。

六日も経ってしまった……。

Photo by TravelBakerCounty

ある日、海斗は声を発することがまったく出来なくなってしまった。桜子の顔は、火傷で滅茶苦茶になってしまっていた。ある休みの日、桜子がバーで一人でうなだれているのを目撃してしまった。海斗は叫んだ。「汗でビチョビチョだぁ」。それで、海斗は桜子に一万円札を投げつけると、「これで十分だろう?」と言った。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。