掲載中の作品

彗星は、尾が伸びた姿から日本語では箒星(ほうきぼし、彗星、帚星)…

彗星は、海王星とその最も近い隣の惑星である海王星最大の月トリトンの軌道の周りにあるカイパーベルトから発生したと考えられています。彗星は、火星と木星の軌道の間の領域で形成されたと考えられていますが、太陽系の内側に入る前に形成されたと考えられています。彗星は、彗星が太陽に遭遇した後に残った破片と考えられています。

彗星は、海王星と最も近い隣人である海王星最大の月トリトンの軌道上にあるカイパーベルトから発生したと考えられています。彗星は、火星と木星の軌道の間の領域で形成されたと考えられていますが、太陽系の内側に入る前に形成されたと考えられています。彗星は、彗星が太陽に遭遇した後に残った破片と考えられています。彗星はその大きさによって分類することができます。彗星の中で最も大きいものは “メインベルト彗星 “と呼ばれています。直径は10kmほどで、太陽に対して非常に細長いため、軌道は非常に楕円形をしています。最も小さいものを「メインベルト彗星」と呼びます。

Photo by Prehensile Eye

彗星は、尾が伸びた姿から日本語では箒星(ほうきぼし、彗星、帚星)とも呼ばれる。英語ではコメット(comet)と呼ばれる。天体写真が似るため流星と混同されがちであるが、天体観望における見かけの移動速度は大きく異なり、肉眼による彗星の見かけ移動は日周運動にほぼ等しいため、流星と違い尾を引いたまま天空に留まって見える

彗星と小惑星とは、コマや尾の有無で形態的に区別するため、太陽から遠方にあるうちは、彗星は小惑星と区別がつかない。彗星は、太陽からおおよそ3AU(天文単位)以内の距離に近づいてから、コマや尾が観測されることが多い。その位置は火星軌道と木星軌道のほぼ中間にあたる

太陽に近づく周期(公転周期)は、約3年から数百万年以上まで大きな幅があり、中には二度と近づかないものもある。軌道による分類の節を参照のこと。

彗星が太陽に近づいた時に放出された塵は流星の元となる塵の供給源となっている。彗星の中には肉眼でもはっきり見えるほど明るくなるものもあり、不吉なことの前兆と考えられるなど、古くから人類の関心の的となってきた。いくつかの明るい彗星の出現の記録は古文献などに残っている。古代ギリシアの時代から長い間、彗星は大気圏内の現象だと考えられてきたが、16世紀になって、宇宙空間にあることが証明された。彗星の性質などにはいまだに不明な点も多く、また近年は太陽系生成論の方面からも大きな関心が寄せられ、彗星の核に探査機が送り込まれるなど、研究・観測が活発に続けられている。

彗星には、発見報告順に最大3人まで発見者(個人またはチーム、プロジェクト)の名前がつけられる。彗星を熱心に捜索する「コメットハンター」と呼ばれる天文家もいるが、20世紀末以降は多くの彗星が自動捜索プロジェクトによって発見されるようになっている。

2006年8月にプラハで開かれた国際天文学連合(IAU)総会での決議により、彗星は小惑星とともに small solar system bodies(SSSB)のカテゴリーに包括することが決定された。これを受け、日本学術会議は2007年4月9日の対外報告(第一報告)において、2007年現在使われている「彗星」「小惑星」などの用語との関係については将来的に整理されることを前提としたうえで、small solar system bodies の訳語として「太陽系小天体」の使用を推奨した。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。