掲載中の作品

ヒヒイロカネは、古史古伝における太古日本で様々な用途で使われてい…

また、ヒイロカネがセキセイロンとして使用されていた可能性もあり、男女がセキセイロンとして使用していた可能性もあります。

関係性について

ヒイロカネは男女ともに人気が高く、中には妊娠させることができると信じていた人もいました。その結果、乳首を切って妊娠させる風習が流行しました。

自分の乳首を切ると「ひいひいろかね」に生まれ変わったと考えられていました。ヒイヒイロという名前には「乳房好き」という意味があります。

ヒヒイロカネを作ったヒホンガミは、ヒヒイロカネに変身する能力を持っていると考えられていました。彼はこの能力を使って、自分の妻であるヒヒョンガミヒカリを妊娠させたのです。また、ひひいろかねは、兵庫県釜石中野の近く、現在の川越町の近くにあったひひいろ氏の大きな神社の名前でもありました。

もう一人のひいひいろかねという人がいます

Photo by Free Public Domain Illustrations by rawpixel

ヒヒイロカネは、古史古伝における太古日本で様々な用途で使われていたとされる、伝説の金属または合金。緋緋色金、日緋色金とも表記し、火廣金(ヒヒロカネ)、ヒヒイロガネ、ヒヒイロノカネとも呼称し、青生生魂(アポイタカラ)はヒヒイロカネを指すといわれる。現代の様々なフィクションにも登場する。

目次
伝承
現在知られているどの金属のいずれかなのかどうか、そもそも一体どのような金属だったのかもわかっていない。

歴史
ヒヒイロカネは現在ではその原料も加工技術も失われたが、太古日本(神武天皇の御世以前=ウガヤ王朝期)では現在の鉄や銅と同様のごく普通の金属として使用されていたとされる。特に合金としてよく出来たものは神具の材料として使われたという。三種の神器もヒヒイロカネで作られているとされる。

性質
その比重は金よりも軽量であるが、合金としてのヒヒイロカネは金剛石(ダイヤモンド)よりも硬く、永久不変で絶対に錆びない性質をもつという。また常温での驚異的な熱伝導性を持ち、ヒヒイロカネで造られた茶釜で湯を沸かすには、木の葉数枚の燃料で十分であったとも伝えられている。

太陽のように赤い金属とも、輝く金属とも言われる。
触ると冷たい。
表面が揺らめいて見える。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。