掲載中の作品

私が朝起きた直後、兵士が牢屋の前に来た。

気がつくと、看守が私の罰は翌朝に実行されると言って私たちの部屋に立ち寄っていました。そうして、私たちは汗と体臭の臭いがする部屋に取り残された。
出て行ってしまいました。私は下着も着られなかった。兵士たちが去った後、私はただ座ってそわそわしていました。私はできるだけ彼から離れてベッドの端に座りました。彼は私の肩に手を置いて戻ってきて、”お仕置きしてやる “と言いました。
 
 
 
 彼は私のブラだけを残してシャツを脱ぎ、パンティーを横に引っ張ると、私はもう一つの喘ぎ声を出しました。彼は私のお尻をつかんで、私は彼を強引に押しのけました。彼はびっくりしてバランスを崩しそうになりました。私は、彼に服従するしかないと伝えようとしました。彼はベッドの上に乗るように言ったので、私はそうしました。彼は私をベッドの上に押し倒し、私をレイプしました。私は自分の体をコントロールすることができませんでした。彼は私が泣いていることに気づかないようでした。彼は私の背中のアザにも目を向けてくれませんでした

Photo by cseeman

 私が朝起きた直後、兵士が牢屋の前に来た。腹が立って、彼の股間を蹴ってしまった。
 私は、“「お仕置き」してやる“と言われました。私は “いいよ、お仕置きしたいならしてよ“と言った。彼は、手を私の肩に思いっきり押し付けてきました。彼は私をベッドに放り投げました。後ろから私の髪を掴み、唇を私の耳に当てて、“他の女の子にしたように、「お仕置き」してあげる “と言いました。
 私は震えていました。目に涙を浮かべながら、私は彼に抵抗しようとしました。彼は私のスカートを押し上げてきて、私はまたうめき声をあげました。彼は私のシャツを引きちぎってブラだけにして、パンティを横に引っ張ったので、私はまた喘ぎ声を出しました。彼は私のスカートを引き下げて下着だけの状態にした。彼は私のお尻をつかんで、私のパンツを引きずり下ろしました。指で私のアソコを触り始めました。彼は私のクリトリスを弄り始めました。彼はしばらくの間、このようにしていました。
 彼は身をかがめて私の股間に顔を当てました。彼の舌が私のアソコに侵入してきました。彼は私の腰を強引に前後に引っ張り、私の喘ぎ声を大きくして激しくしました。彼は私の太ももを広げ、内股を舐め始めました。 
 彼の舌はとても情熱的で、私は自分が濡れていくのを感じていました。私はうめき声を出したくなりました。
 彼は私に、無理やり彼のペニスを触らせました。彼は私のアソコに股間を入れてきた。私はうめき声をあげました。“抵抗するな!離さないぞ!”私はすっかり濡れていました。
 彼の長い太いチンポが押し付けられるのを感じました。ベッドに押し付けられた私のアソコに彼の太い長いチンコが押し付けられるのを感じました。彼の頭は私の胸に埋まっていました。チンコの頭が私のお尻に押し込まれるのを感じ、私は泣き声をあげました。頭の中が真っ白になり、体が震え始めました。
 硬いチンポの頭が私の穴に深く押し込まれ、ベッドが揺れました。私は腕を鉄棒から離そうとしましたが、鎖で固定されたままでした。彼は私の手首と足にチェーンを引っかけました。私のお尻に熱いコックヘッドを感じながら、私は悲鳴をあげました。彼の太いコックの頭が私の尻に押し付けられ、引っ張られるのを感じました。
 彼は私の中に深く入り込み、数分後、私はイッてしまいました。彼は引き抜きました。私はベッドの上に倒れ、泣き出しました。彼は私の手をつかんで椅子に引き戻しました。すると彼は私の頭を持ち上げて笑顔で私を見て、”泣いてないの?”と言いました。私がうなずくと、彼はキスをしてきました。
 それだけで、私からの抵抗はなくなった。彼は私の耳にキスをし、唇を私に押し付けました。彼の舌が私の口の中をなめるのを感じると、私の痛みはすべて消えてしまいました。レイプされても気にならないくらい嬉しかったです。
 この後はもう後戻りはできないと思っていました。私は高翔という男に性的虐待を受けることになったのです。彼は私に辛い思いをさせるタイプでしたが、それだけではなく、とても上手でした。人からどう思われようとあまり気にしないタイプの男でした。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。