掲載中の作品

つまみ細工アート幾何学、日本伝統工芸、

平和の合気道」とは、合気道の創始者である植芝盛平の著作を研究し、熟考することにより、その技と哲学を現代の実践者に教えるシステムである。植芝盛平は、20世紀初頭に合気道の指導を開始し、日本の国会から「平和の法華」の称号を授与されました。

1940年代後半には、合気会本部道場を設立し、日本の武道界における合気道の発展を支援しています。その歴史の中で、合気会本部道場は、合気道と創立者の哲学を、年齢や経歴を問わず多くの人々に教えてきました。

体を鍛えるだけでなく、合気道は世界を理解し、創造的に自分を表現し、優しさと思いやりを持って生きるための方法でもあります。合気道では、創始者植芝盛平の技と哲学を老若男女問わず多くの人に教えています。

Photo by Japanoscope

つまみ細工アート幾何学、日本伝統工芸、

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。