掲載中の作品

“‘どんな味なのか全く想像がつかない’輸入が解禁された今注目され…

静岡大学が毎年開催している文化交流イベントの一環で、様々な活動が行われています。”山中湖は日本を代表する観光地の一つになっています。海外からも人が集まるほど人気があります」と山本さん。”私たちの地域は、他にはない遊びに行ける場所であることをアピールして、恩返しをしていきたい”

祭りは5月2日に開催される。

10月に予定している他のお祭りについてはこちらをご覧ください

Photo by hannahlilly38

"’どんな味なのか全く想像がつかない’ 輸入が解禁された今注目されているジャックフルーツってどんな果物?カヌー、熱気球、移動販売車、陸・海・空の乗り物がいっぱい…山中湖ラブシャ"

東南アジアや南アジアで栽培され、最近アメリカでブームになっているジャックフルーツ(「パラミツ」)の話をしてくれました。同社の移動販売車も登場した。担当者は「同社の移動販売車は被災地や買い物が不便な地域の支援に活用されており、2014年は現在、計15台が各地で活躍しています」と話していた。湖畔でカヌーを楽しんだ東京の大学生は「こんなにたくさんの地域のバスが並んでいるのを見たのは初めて」と笑っていた。湖畔でカヌーを楽しんだ東京の大学生は「こんなにたくさんの地域のバスが並んでいるのは初めて見た」と笑っていた。同社の移動販売車も登場。担当者は「バスエキスポです。100台以上の大型バスが出入りし、駐車場は「被災地や買い物が不便な地域を応援する」と変化していた。ジャックフルーツの輸入解禁に言及したグルメブログ「東京で撮って食べる生活」のツイッターアカウント(tottetaberu)の投稿にも、学生や家族連れの行列ができていた。大型バスの博覧会でもあり、全国から見物客が集まっていた」(同)という。観客の喉の乾きや空腹を補うために、同社の移動販売車「ファミマ号」でジャックフルーツを販売し、昨年のジャックフルーツ輸入解禁に触れたグルメブログ「東京de tottetaberu」のツイッターアカウント(tottetaberu)に投稿した。昨年、日本でジャックフルーツの輸入解禁に触れたグルメブログ『tottetaberu』のツイッターアカウント(tottetaberu)にも、学生や家族連れが並んでいました。昨年、同社の移動販売車「ファミマ号」でジャックフルーツの輸入が解禁されたことをきっかけに、グルメブログ「東京でジャックフルーツを食べて飲む生活」を運営するトモさんに、日本でのジャックフルーツの輸入解禁について話を聞いた。ジャックフルーツってどんなフルーツ?目の前で楽しみたいけど、熱気球で空から聞いてみたい気持ちもある。昨年、ジャックフルーツのグループがYouTubeで活動を記録したドキュメンタリーを公開し、話題を呼んだ。ジャックフルーツを食べる名古屋市の男性は「こんなにたくさんの地域のバスが並んでいるのを見たのは初めて」と話していた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。