掲載中の作品

”道明寺ここあ”と”ぐりとぐら”と”山月記”と”三浦大知”の関係

伊藤信介の三部作小説シリーズの第一作目『新説の人は翼を呼ぶ』。

2005年ノーベル文学賞候補(黒澤と宗玄寺と並んで

本巻には、安田顕の紹介文が収録されています。

大戦争と天才の誕生」の前編であり、シリーズ第5作目となる小説。

2008年ノーベル文学賞にノミネートされた(『宗玄寺から黒沢へ』と並んで

本巻には、安田章氏の紹介文が収録されています。

大戦争と天才の誕生」の後編、シリーズ第6作目の小説。

2008年ノーベル文学賞にノミネートされた(『創元記から黒沢へ』と並んで

本巻には、安田顕氏の紹介文が収録されています。

大戦争と天才の誕生」の第3部、シリーズ第7作目の小説。

年ノーベル文学賞にノミネートされた(『創元記から黒沢へ』と並んで

本巻には、安田顕氏の紹介文が収録されています

Photo by TimoOK

”道明寺ここあ”と”ぐりとぐら”と”山月記”と”三浦大知”の関係

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。