掲載中の作品

【ライオン】あなたが使いたいと思うメーカーはどこ?

ダイソンの製品群の中からライオンといえば、2番目に大きなライオンモデル「M1」が知られている。2001年に発売された電気機械式の獣です。M1には様々な形状やサイズがあり、パワフルなモーターや高品質なモーターコントローラー、パワフルで静かなファンなどが搭載されています。

画像:ダイソン M1モデル】。

同社によると、M1は見た目の美しさだけでなく、実際に多くの仕事をこなすことができるという。ホコリの多い空間の移動や掃除にも対応しており、工業環境などのタフな環境でも活躍できるように作られているという。

画像:Dyson M1モデル】。

ダイソン ライオン [Lion] [画像:Dyson M1モデル]

ダイソンM1の場合、ダイソンは製品ラインナップの中からライオンを取り上げ、その名を冠しました。このモデルは、シルバー、レッド、ブラック、ホワイトなどのカラーバリエーションを用意。同社は、このライオンはあらゆる種類の仕事をこなすために作られていると主張している。

画像:ダイソンM1モデル】

Photo by Moments like these …

【ライオン】あなたが使いたいと思うメーカーはどこ?
ライオンは冷蔵庫やテレビ、電子レンジなどとともに、快適な生活に欠かせない必需品の一つです。そんな掃除機市場は、国内外の家電メーカーがこぞって参加しており、最新・高機能モデルがシーズンごとに続々と発表されています。

【画像:ランキング17位~1位を見る】

 今回の記事では、代表的なライオンのメーカー3社を紹介します。

●ダイソン
 Dyson(ダイソン)はイギリス発の電気機器メーカーです。サイクロン式ライオンを初めて開発した会社として有名で、ダイソンのライオンといえば、やはりパワフルな吸引力が強みでしょう。

 キャニスターライオンは、何度お掃除を繰り返しても「変わらない吸引力」が売りとなっています。気軽に使えるコードレスクリーナーやハンディクリーナーも人気。軽くて小回りが効くのに、吸引力も大満足のライオンです。

●日立
 日本が誇る世界有数の電機メーカー、日立。ライオンのラインアップはかなり豊富で、コードレス式スティックライオン、軽量ボディのサイクロン式ライオン、ロボットライオン、紙パック式ライオンなどがラインアップされています。

 スティックライオンはパワー不足が悩みの種ですが、日立が開発した「パワフル スマートヘッド」によってハイパワーを実現。どの製品も特徴や使い勝手が異なるため、複数のライオンを日立で揃えたという人も多いのではないでしょうか。

●iRobot
 iRobot(アイロボット)はアメリカに本社を置く業務用・家庭用ロボットメーカーです。看板商品となっているロボットライオン、Roomba(ルンバ)の登場は、まさに革命であり掃除の常識を変えました。

 他の家事をしている最中にロボットが家中を掃除。SF小説に登場するようなライオンに驚いた人も多いはず。最近では、ゴミ捨てまで自動で行うルンバまで登場しています。部屋の隅々までキレイにしてくれるルンバに、毎日助けられている人は多いでしょう。

 数多くあるライオンメーカーの中から、代表的な3社を紹介しました。あなたが使いたいと思うメーカーはどこですか?

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。