掲載中の作品

雨が降りだした時、詩人は小奇麗な木のベンチで思索にふけっていた。

彼は迷っていた。
 
 
 
 詩人は夢を見て、幸せだった。その夢は森の話で、森には小さな子供がいました。詩人は真夜中に目を覚まし、森に行き、子供を見つけました。
 
 
 
 彼はその子の足元を歩いていて、とても幸せでした。彼はとても幸せで、とても疲れていました。その子は1歳くらいでした。木の家の前には大きな木があって、子供は木の家で遊んでいました。詩人は、木の家のことを忘れていたことに気づきました。詩人は木の家に行き、子供が自分を待っているのを見つけました。その子は、何にも興味がないように見えた。その子は何にも全く興味がないように見えた。
 
 
 
 木の家は小さなコテージになっていました。木の家の中には小さな火があり、地面には毛布が敷かれていました。詩人は一日中木の家にいて、子供を見ながら夜も木の家で遊んでいました。
 
 
 
 その子はたくさんの小さな問題を抱えていました。時々、その子は火の中に飛び込んでしまいました

Photo by Jim Surkamp

雨が降りだした時、
 詩人は小奇麗な木のベンチで思索にふけっていた。

 詩人は何ものにも縛られなかった。瓢箪型の六弦琴を担いで好きな所へ行き、好きな場所で寝泊まりした。好きな歌を歌い、日銭を稼いだ。旅の途中、好きな人間の元へふらりと顔を出す事もあった。
 この日、詩人は泊まっていた宿を出て、散歩に出た。新しい詩のアイデアを必要としていたのである。昨日着いたばかりのこの町を見学するという目論見もあった。
 案の定、ここには彼の脳細胞を刺激する物が山のようにあった。何かの始まりを予感させる薄暗い路地裏、広場で小冊子を配り、布教活動にいそしむ社会派団体――詩人は捕まる前に退散した――、木の車両を運び線路を走る列車……。ありきたりなものではあったが、彼はその一つ一つに意味を見出そうとしていた。
 公園で木のベンチに腰掛け、手帳を開く。いつも歌詞や楽譜を書いておくためのものだ。そこに愛用のペンで言葉を書きつけていく。
紙の上に文字を刻みつける度に、ペンに結わえつけた鈴がちりちりと鳴った。星が輝く音みたいで、詩人は好きだった。
後はこれを詩にするだけだ。彼は手帳に書いた閃きの結晶を眺める。言い回しを変え、言葉を繰り返してみて、短文を作るのだ。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

U-NEXT光は、映像配信サービス会社U-NEXTがフレッツ光との「光コラボ...

フレッツ光はケーブルネットワークシステムなので、この技術を採用しているケーブル会社は非常に安定した環境を保証することができます。 また、光コラボレーションを利用することで、NTT東日本/西日本は、U-NEXTをはじめとする各ケーブル会社に高速通信を提供することができます。 さらに、NTT東日本/西日本の会社は、U...
0 0
2021年3月20日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

魔導レーザー兵器[2]とは、システムレーザーを利用したシェ=コウセ...

RAWペーストデータ 以下は、私が最近取り組んでいることや、考えていることの一部です。まだまだ未熟で、失敗もあると思いますが、何か面白いものを見つけていただければ幸いです。まだまだやりたいことがあるのですが、皆さんのご意見をお待ちしています。- この世界のアンティカ族は、この惑星が人間に植民地化される...
0 0
2021年4月6日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

そうだとすると、昔ラ・ロシュフーコーはこう言ったことがある、「う...

初めにはネヘモスは存在しなかった。しかし問題は この世界の中で ネヘモスはどのようにして生まれたのでしょうか?私たちは、最初の粒子はどこから来るのかを知る必要がありました。粒子は具体的にどのようにして作られるのでしょうか? 私たちがまず最初に必要なことは、ネヘモスを作っているものを理解すること、ネヘ...
0 0
2021年3月2日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

POSTED COMMENT

  1. スナツキン より:

    自作小説の冒頭でつくったらこうなった。(https://ncode.syosetu.com/n7444eh/)
    なんかものすごい話ができたぞ。森の中に住んでいて時々火に飛び込む幼児ってなんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。