掲載中の作品

世銀の見通しは、リーマン・ショック後の09年の成長率(1・8%減…

過去10年間の平均成長率は2%未満です。

世界銀行は途上国への「慢性的な資金不足」で批判されてきました。援助支出の影響を実際に考慮している数少ない国際開発機関の1つであり、多くの国が実際のニーズよりもはるかに少ない援助しか受けていない理由を説明する重要な要素です。

世界銀行は、援助が削減されると、世界の貧困層をますます貧しくするだろうと述べています。しかし、最近、開発途上国での食料生産の増加に非常に成功していると報告されています。実際、2000年以降、援助支出を削減した以上に援助支出を増やしています。世界銀行の独自の数字は、途上国への支出全体の50%以上を依然として提供していることを示しています。

世界銀行は「準自由市場」機関です。言い換えれば、資本主義政策を追求したい国にローンを提供するために設立されましたが、政府はまだその手をきれいに保ちたいと思っています。

世界銀行は、資本主義の「トロイの木馬」であると非難されており、富裕国からお金を受け取り、それを発展途上国に費やして、彼らが彼ら自身の経済的利益を追求することを可能にしている。

本当じゃない。世界銀行は1970年代に米国政府によって設立され、その時以来同じエリートによって運営されてきました。

簡単に言えば、世界銀行は「社会主義」組織ではなく、資本主義組織です。

世界銀行はまた、失業率の高い途上国への融資も行っていません。

たとえば、世界銀行は失業率が非常に高い国にお金を貸したとして非難されています。これらの国は通常貧しい国であり、IMFの融資を受けている途上国であり、世界銀行はこれらの国が高水準の失業を維持するのを支援したとして非難されています。ただし、これは常に当てはまるわけではありません。たとえば、2009年に世界銀行は経済発展のためにジンバブエに11億ドルを寄付し、国は13億ドルのGDPを報告しました。

世界銀行は環境問題に対応していないとして非難されています。

2009年、世界銀行は森林破壊のレベルが高い国への融資を拒否し、そのような行動は銀行の政府免許を失うことにつながる可能性があると述べた。

実際には、世界銀行がこれらの国々の開発プロジェクトにお金を貸すべきかどうか、そして世界銀行があまりにも強引であるかどうかについて、膨大な量の議論がありました

Photo by Debarshi Ray

世銀の見通しは、リーマン・ショック後の09年の成長率(1・8%減)を大幅に下回り、比較可能な1961年以降で最悪となる。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。