掲載中の作品

ソフトバンクグループは、社員や医療関係者らを対象に独自に行った新型コロナウイルスの抗体検査の結果を速報値として公表しました。4万4000人余りのうち、0.43%に当たる191人が陽性だったということです。

最終結果は2週間以内に届く予定です。
テストは約200人のボランティアと医療関係者によって行われました。結果はソフトバンクグループのウェブサイトで報告します。
ソフトバンクグループは、東京と横浜周辺の10の病院とクリニックで同様の検査を実施する予定です。
将来的には、ウイルスはボランティアや医療従事者のより広いグループでテストされるでしょう。

Image copyright Reuters Image caption中国が米国を不当に狙ったとして非難

中国は、南シナ海に関する米国の新しい戦略の中で、元太平洋軍司令官(PACOM)の元首に元米将軍を任命することに反対していると述べた。

米国は木曜日に、海軍少将サミュエルロックリアが新しい太平洋オペレーションセンターを率いることになっていると言った。

中国は彼の任命を「過剰」かつ「政治的動機」として退けた。

また、何らかの行動が「主権と安全に違反する」場合、「重大な結果」について警告しました。

米太平洋軍(PACOM)は太平洋における米軍の作戦を担当しています。

現在、アジア、インド太平洋、西太平洋の3つの地域に分かれています。

木曜日の声明で、PACOMは、2000年代半ばに米太平洋軍司令官を務めた米海軍副海軍大将であるロックリア少将が、できるだけ早く合同参謀本部議長に就任すると語った。

暫定司令官が数日中に選ばれるだろうとも述べた。

米国防総省は、それがいつになるかについては述べていません。

‘言い訳しない’

国防総省は過去に中国と注目を浴びてきましたが、今度はワシントンがその海軍力を利用して地域での軍事的優位を主張しようとしているのではないかという懸念があります。

「リアリア海軍大将の選任に関して、パネッタ議長と海軍長官がこの地域におけるこの部門の信頼性の回復を支援する一流の指導者を選出する努力をしてくれたことに心から感謝します。」中国外務省のスポークスパーソン、Hua Chunying氏は毎日のブリーフィングでこう語った。

「しかし、非常に深刻な点を述べると、いわゆる戦略的リバランスは、中国の主権と軍事力の誤った過度の発展である」と彼女は言った。

華氏は、アポイントメントについて米国が中国に相談したかどうかは知らなかったと語った

Photo by harry_nl

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です