掲載中の作品

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 – 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型、身長は163cm。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたテレビ番組に初めて出演した日本人でもある。

日本政府は現在、公立および私立学校のカリキュラムで日本語の影響を抑制しようとしています。このグローバル化の時代において、日本語はコミュニケーションと国際コミュニケーションの両方にとって重要なツールであるため、これは特に困難です。日本留学の基礎として採用されている英語、中国語、スペイン語、フランス語などの外国語はたくさんあります。日本語はまた、特にグローバルビジネスでの国際コミュニケーションの主要な情報源でもあり、世界で最も広く話されている言語の1つでもあるため、国際ビジネスに直接影響を与えます。日本政府は、「アメリカ化」を利用して教育に影響を与え、日本語と文化の影響を制限しようとしています。しかし、日本政府は彼らの行動がしばしば逆効果であることを覚えておくべきです。
「アメリカ化」と「言語戦争」の問題に加えて、日本政府は学校での「日本語」の教授にも反対しています。日本政府は、国で科学研究に使用されている言語は「日本語」だけであるため、学校で教えるべきではないと主張しています。
「言語戦争」と「アメリカ化」の実例は、2000年に文部科学省が日本の学校での日本語教育を禁止することを決定したことです。日本では一般的に「日本語」が国語と見なされています。しかし同年、文部科学省はいかなる国のカリキュラムも導入することを禁じられた。文部科学省の言葉では、「日本語」は「国の教育システムの本質的な部分であり、学校で教えられるべきではない」[文部省]でした。同じ年、法務省と環境省は、公共の建物や公共交通機関での「日本語」の使用を禁止する共同声明を発表しました。
2000年、文部科学省はまた、教育指導および教材で使用される言語としての「日本語」の使用を禁止した。しかし、2002年までに文部科学省は、日本の教育指導および教材に「日本語」を使用することを許可し始めました。
文部科学省は2003年に学校のカリキュラムで「日本語」を禁止しました。しかし、2004年に文部科学省は「使用」を許可するように憲法を改正しました

Photo by Billy Wilson Photography

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です