掲載中の作品

この作品「エレクトリックパンク」電気機関が広く使われている設定で…

物語の舞台は、近未来的なテクノロジーが普及している一方で、大多数の人々が工場で働かなければならない世界です。産業革命以降、工場で働く人の数は増え、商品を生産するためのエネルギー量も増えています。食料やエネルギーを効率的に使いながら、服や家具などを生産するために、電気エンジンを使って服や家具などをその場で作り、店に行かなくても済むようにしたのです。 
産業革命によって、仕事にも生活にも電気機関を使う社会が実現した

Photo by Antonio Marín Segovia

この作品「エレクトリックパンク」電気機関が広く使われている設定で、日本の戦後や2000年代の雰囲気がベースとなっている世界観である。そのような世界観の中にSFやファンタジーの要素が組み込まれている。戦後の人々が思い描いていたであろうレトロフューチャーな時代錯誤的テクノロジーまたは未来的技術革新を登場し、同時に戦後のファッション、文化、建築スタイル、芸術を描かれている。
ストーリー

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

急速にメディアへの登場回数を増しているAI。

私はここ数年 AIの倫理的・政治的な意味合いについて 考えてきました 答えはかなり明確だと思います AIはやってくる、そしてそれはあなたを捕らえに来ている。 広告 人工知能はSFの概念です。しかし、私たちが今知っているようなAIはすでに存在しています。AIはすでに私たちが日々行っていることを変えていますが、それ...
0 0
2021年3月7日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

まず、アヒルにカードをセットします。

左手はカードをアヒルの口にスライドさせるが、アヒルは右前脚でデックの端に向かってジャンプする。アヒルはその後、カードが挿入されるデッキの横のポイントに前方に長い、遅いホップを行います。左手がカードをアヒルの口の中に入れたり出したりしている間、アヒルはその後、このプロセスを逆に繰り返します。これに...
0 0
2020年12月12日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

転倒の防止のために一本の手すりの取り付けを行っています。

「人が落ちる理由はいろいろあります」とSaini氏。「私たちは、階段をより利用しやすくするようにしています」。 このプロジェクトは、インドでは初めての試みです。国内ではムンバイのものに次いで2番目である。 サイニ氏としては、自分の家と呼べるきちんとした家ができる日を今でも楽しみにしている。 人助けになるプ...
0 0
2021年3月28日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。