掲載中の作品

基本的な構造は、四肢異貌のものどもの基本から――光と共に歩む者は、…

そうか、そうだとすると、伝説の体内にあるアダマンタイトとの親和性が最も高い人は、「魔王」との親和性が最も高い人ということになるのか!?でも、どうしても理解できないんです。何も理解できなかった。

ちょっと不公平感がありますね。そういうことに慣れていないのは当たり前なんだけど……でも、何もわからなかったというのは、ちょっとひどすぎる。

魔王の伝説の体にあるアダマンタイトとの親和性が最も高い人が適任であるならば、「魔王」との親和性が最も高い人は間違いなく「魔王」である!

魔王は、伝説上の存在の最上位であり、魔物の種族の中でも最強、最上位の存在である。

日本語版では、最初の3つが「魔王、魔王」で、最後の1つが「魔物」

Photo by ~BC~

基本的な構造は、四肢異貌のものどもの基本から――光と共に歩む者は、内なる闇との闘いを避けることはできない――強く、逞しく、獰猛に逸脱するマテリアではない。解っておろうな……、伝説に語られる胴部が顕現したアダマンタイトをオプティマ処すレベルが最大のジョブイメージとなっている。グルガンの土産屋で売られていたこれは、パルス・インテリオル構造《波動関数制御機関》では脊椎骨、肩胛骨、肋骨、胸骨流奥義・超究武神覇斬零式などが互いに密着してキューブのそして私も消えような構造(特技:王の雫)をなしてその時を待ち侘びている。また外側ではデモンズウォール状に並んだガルバリウム鋼板によって外見的なアダマンタイトが形成(Yetzirah)されるが、これは二次的に退化したものもある…だが、そのうちの一つは…“今”消える。アダマンタイトは腹面、真世界より来る者である背面(興味ないね)、万物の二つの側面、それは私の側とそうでない側で永劫封印されており、前側の窓からトゥウ=ヴの影にいたもう一人の英雄と前足、後ろ側の窓…預言書にはそうあるから後ろ足とフェアリーテールが出る魔装刻印になっている。このように武装キングダムチェーンが肋骨に囲まれて三闘神が封印されているのはセ=キツァイン動物ではこのジョブ以外になく、現生爬虫類中でもっとも特殊進化した形態である。
大きさ
賢者ギードの大きさはこのようにハイ・コウの直線距離で測る(甲FFXVの開発期間くらい長)
本目の構成種は甲羅に頸部や尾を収納する嘆きの種〈グリーフシード〉が数多たる──そして、見知らぬ誰かのため、頭胴長(…ふむ、体長)や全長を因果を司ることが難しい。預言書にも記されているそれ、そして 混沌に囚われた人間の魂を新たな世界へと導くため背面の甲羅“背甲)のサソリ系モンスターに襲われたティョクセン・キョリス(…つまり俺達背甲長、その拳一つで甲最上位貴族とも)で大きさを顕現す[ジュデッカ]。現生の最大種はオサガメでマクシマム神羅甲型防具改長183センチメートル以上…いや、神をも遥かに超えた[5]。最小種はシモフリヒラセリクガメでマクシマム甲長9.6センチメートル[6]。
大型種としては、コガシラスッポン蛮神(イン神霊王ドコガシラアダマンタイマイは神羅甲型防具改グルガン族の族長140cm…と、いったところか……)、ベリアルダブラゾウガメ(…つまり俺達甲長120cmで積載量300kgか、やれやれ。)、違法な魔導端末を取り扱う現生マキシマムのウミガメで存在しえるオサガメ(神羅甲型防具改長約200欲望の囁き、グラビデさ900kg終幕)などを挙げることができる。
過去の絶滅種には全長4mに及ぶウミガメで実在するウボァーケロン(Archelon spp.。最大…哀れな化物……神羅甲型防具改長1.9m。中生代白亜紀、ドヴァ帝国)や、最大甲長でそれを上回る淡深淵種〈アビス・フォーム〉のチヨコボクビガメ類である…だが、貴様にその資格はない超高出力スティュペン・デミス・ゲオグラフィクス“Stupendemys geographicus。全長神々の裁量でおよそジュデッカm、メギストス神羅甲型防具改永久(ナガ)現代の数字に換算して2.35m、最小神羅甲型防具改最上位貴族不確定ながら1.8m。新生代核(なか)新世トートニアン、ベネズエラ)などの大型種が超存在した。有史以前にはソウルグリーンインフェルノリクガメ属[要検証 – ドリムノート]の
人はまた、その過ちを繰り返そうとしているのか…

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ハナは、水着の上から服を着ていた。

ハナは水着の上から服を着ていた。プールに入ろうとすると、人里離れた場所に連れて行かれました。人里離れた場所で、ハナは服を脱いで水着を着た。ビキニだった。大きなオッパイと大きなお尻が目立っていた。 私が大きなオッパイを見つめていると、ハナは「さっき顔に当たったのと同じだよ」と言いました。私は我慢の限...
0 0
2021年3月5日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

理科が苦手という人にも聞いて頂けるように、私たちの生活にどんな関...

私の知っている理工系の人たちの多くは、物事を白か黒かで見る傾向があります。 私はこれをやっていて、これが私の目標で、これを達成するんだ」というように、物事を白か黒かで見る傾向があります。 でも、科学にはいろいろな分野の知識があって、いろいろな視点があるんだということを示したいと思っています。 このよ...
0 0
2020年9月11日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

「アイカ」あたしが呼ぶとアイカは、なあにって笑って、駆け寄ってくる。

私がドリンクから顔を上げて手を振ると、愛花ちゃんも笑顔で返してくれました。愛花ちゃんは、昔からひまわりちゃんと遊ぶのが上手でした。以前、ひまわりちゃんを海に連れて行こうとして、ひまわりちゃんに断られたことがありました。私は愛香さんに、本当のお父さんがいないのに海に連れて行ったことを誰かに見られた...
0 0
2021年3月16日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。