掲載中の作品

トヨタがAI・大量データ活用で車修理の見積もり時間8割短縮、販売店に提供

トヨタはAIとデータを使用して、修理時間を80%削減し、販売店の収益を10%増加させる修理システムを開発しています

2017年2月、トヨタはAIを使用して無人車の問題を診断し、技術者が時間とお金を節約できるよう支援しました。

トヨタは、コンピュータービジョンとAIを新しいタイプの車両診断に使用して、ディーラーに彼らが取り組んでいる車両をよりよく理解し、修理時間を最適化するためのデータを提供します。

トヨタはこのテクノロジーを実験して、米国での顧客サービスと車両修理プロセスをどのように改善できるかを確認しています。

トヨタの研究開発担当上級副社長である大野隆氏は、「製品とサービスを改善する方法を常に模索しており、AIとデータを使用してこれらの領域を改善する方法を模索している」と述べた。 「この新しいアプローチは、顧客とディーラーの両方がさらに改善し、顧客のお金を節約するのに役立つと信じています。」

「トヨタは近年、自動運転車業界向けに積極的に技術を開発しており、データを診断支援に使用することで、お客様向けの新しいソリューションを開発するために技術パートナーと協力し続けています」トヨタ自動車販売・サービス。 「トヨタとIBMおよびAI研究者とのコラボレーションは、車両修理プロセスの品質を向上させ、コストを削減し、顧客サービスを向上させるのに役立ちます。」

トヨタは、自動車メーカーのニーズを満たすように調整されたクラウドベースのデータ駆動型サービスの開発におけるIBMの主要パートナーです。

2月、IBMはトヨタ自動車との提携を発表し、自動車メーカーが車両の修理を管理するのに役立つ高度なクラウドベースのサービスを開発しました。

ホンダは自動運転車を開発していますが、AIを使用して、AI搭載車の問題の特定と修復を支援しています。

ホンダは2015年に自動運転車を発売した最初の自動車メーカーでした。現在5台の自動運転車が路上にあり、将来的には100台の自動運転車が路上に登場する予定です。

ホンダはAIとモノのインターネットを使用して、サービスの効率を向上させ、ビジネスをサポートしています。

ホンダは自動運転車に取り組んでいますが、車両の診断機能にAIを使用していません。

「ホンダは自動運転車プラットフォームの開発の初期段階にあり、診断機能にAIを使用しません」とホンダの企業研究開発部門のデジタルロボット工学のディレクターである鈴木隆氏は述べています。 「私たちの目的は、改良、テスト、導入を継続することです。

Photo by digitaltree515

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。