掲載中の作品

助けて下さい!

体が震えていました。体内の水が渦を巻いていた。
自分の部屋の床が見えた。窓には一枚の紙が貼られていた。
“Shit…..”
 
 
 
 大男がいる。充血した目で私を見つめている。彼はどんな人なんだろう?
“彼に返すお金はありますか?”
私の答えはノーだった。
お金がない、としか答えられなかった。
お金はありません。お金がありません。
“I don’t get it. なぜ、お金がないと言うのか?”
“簡単なことだよ。君は外国人だから」。
“えっ?そんなのありえないよ。私は日本国民だ」。
“そうじゃなくて、あなたの体が外国人だということです。”
“私は外国人ではありません。私は外国人ではありません。私は日本の人間だ」。
“え?どうして仲良くしたいと思わないの?日本人の先生の顔を見ると、自分も仲良くなりたいと思うじゃないですか」。
“仲良くしたいとは思っています。友達になりたいんだよ。友達になりたいんです。日本と友達になりたいんだ。”
“あなたは普通の人だ”
“それは違うよ。私は普通の人ではない」

Photo by Brett Jordan

 助けて下さい! と声の持つ限り叫んだ。自分へ向けられた刃が、薄暗い中で鋭く光っていた。背筋を悪寒が駆け抜けていく。顔の輪郭を辿り、垂れてくる水滴はは冷や汗か、涙か。
 死ぬかもしれない。そう本能が告げてくる。
 早く逃げろ! そう理性が告げてくる。
だが体は言うことを聞いてくれない。竦んでしまった手足は使い物になるはずが無かった。
「動け……動け! 俺の足!」
今すぐ走り出して逃げてしまいたい。怖くて怖くてたまらない。喉がごくり、となると同時に、向けられた刃が皮膚を縦に切り裂いた。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧
関連記事
掲載中の作品

ドヤ顔で告げろ代打小島酷使贔屓左右病辞めろ福良スタンドへ謝罪しろ...

翌日、試合が始まった。 最初のイニングは、球場での日常的な光景だった。最初の打者はイチローで、壁の上にボールを送ってシングルになった。反対側を見ていたときにすでにボールを見ていた福良は、ボールの飛び方を確認するために肩を振った。 #8220;なんだこりゃ?彼は公園の外に打ったんだ!#8221; イチローは、バッ...
0 0
2021年3月27日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

固体(物質の状態の一つ)に関するジョーク固体の家に遊びに行ったら、...

人からの融資の勧誘 あなたは銀行から融資を受けようとしていて、頭金なし、信用調査なしで良いレートを提供できると主張する男に会いました。彼は信用がないと言っているし、信用調査もさせないと言っている。あなたは彼の言葉を聞くつもりですか? 銀行や信用組合からの融資の勧誘 あなたは銀行や信用組合から融資を受...
0 0
2021年2月26日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール
掲載中の作品

メイクの前にはスキンケアが大切ですが、化粧水は一番大切といっても...

メイクアップは円を描くようにして行い、ファンデーションの端は尖らせないようにします。完璧に仕上げるためには、少量のファンデーションを顔の中心に塗り、ファンデーションを残したまま手を外側に動かしていきます。完璧な仕上がりにするためには、指でメイクアップをした後、2本目の指でファンデーションを肌の上に...
0 0
2021年3月13日
PlayAI 文章・記事自動作成ツール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。