掲載中の作品

外国人を採用する会社が増えています。

EU委員会は現在、電子雇用に関するEU全体の方針を提案するかどうかを検討しています。 2013年12月、委員会は、EUの電子雇用指令(e決定指令)の実施に関するガイドラインを発表しました。 e-Determination Directiveは、外国人の雇用契約を受け取っている企業が、理解可能な形式で、各国語ではない言語で契約を提示することを要求しています。この指令は、2010年4月24日以降に署名された契約、および2009年2月6日以降に発効した契約に適用されます。

この指令はまた、企業が従業員に雇用の変更について少なくとも1か月前に通知することを要求しています。指令はまた、企業に労働者に契約のコピーと契約をキャンセルする機会を提供することを要求しています。指令の下では、雇用主は外国人従業員にホスト国の言語で書かれた契約に署名することを要求することが許可されています。ただし、従業員が選択した別の言語で契約に署名するよう要求することは許可されています。

委員会は、電子決定指令に関する最初の協議文書を発表しました。協議文書は、指令が「最低基準」であり、加盟国がそれを異なる方法で適用することを決定できることを明らかにしています。また、指令が作成したとして非難されている過度の官僚主義を回避するために、いくつかの特定の問題に対処する必要があることも示唆しています。

指令を実施するために、加盟国は雇用主が以下から選択できることを確認する必要があります:

英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ポーランド語、リトアニア語を含むすべての言語の契約。

上記の言語の1つだけで、従業員の母国語でのみ契約します。または

ディレクティブによって提供されるその他のオプション。

委員会は現在、指令を2010年4月24日以降に署名された新しい契約に適用するかどうかを検討しています。委員会は、指令を新しい指令に置き換えるかどうかに関する委員会の立場に関する協議文書も公開しました。

さらに、EU委員会は、指令を廃止すべきかどうかに関する委員会の立場に関する協議文書を公開しました。

2012年11月19日、EU議会は電子決定指令に関する決議を可決しました。この文書では、議会は指令を「拘束力のある要件全体」にする意図を表明しました。また、委員会にその立場を検討するよう要請した。

これは、現在消滅している毛沢東国際主義党-アメルによって運営されていた毛沢東国際運動の以前のウェブサイトのアーカイブです。

Photo by Angeles Chapter History Committee

外国人を採用する会社が増えています。一方で、会社を信用して渡したパスポートが返してもらえなくなり、転職も帰国もできないと悩む外国人もいます。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。