掲載中の作品

その日はだいぶ雨が降っていた。

雨の音は聞こえなかった。
雨がやんで太陽が出てくるまでの時間が長かった。
太陽が出てきたとき、私は絵を見ました。
それは屋根裏部屋で見たのと同じ絵だった。
私は椅子から立ち上がり、部屋を出ました。
“オーイ!” 廊下を歩きながら独り言を言いました。 “あれは何だ?”
私は絵を見た。
それは長い髪の女性の絵でした。
私は何を考えていたのだろう?
私はいくつかのことを考えました。
まず、その絵を見たのは私だけではなかった。
それから、その絵がベッドの上で寝ている女性の絵のように見えたことを考えました。
そして絵が女性のものであることを考えた
そして、絵が女性のものであることを考えました。
それから私は、女性が女性に見えなかったことを考えました。
それから私は女性の絵が女性の絵ではないことを考えました。
それから私は女性の絵が 女性の絵ではないことを考えました
それから私は考えました 女性の絵は女性の絵ではないと
それから私は、女性の絵がどのように女性の絵ではなかったかについて考えました。

Photo by anthroview

その日はだいぶ雨が降っていた。
私は窓際の席に座り雨の音が交わるジャズトランペットの音に耳を傾けていた。
いや傾けてなんていなかったのかもしれない。
屋根裏で見た絵から気を引きはなそうとしていただけかもしれない。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。