掲載中の作品

私は春野さんが教室でパンティを脱いでいるのを見ました。

“絶対に行かせない!”
どうやら春野さんは 私が止めていると思っていたようです
“じゃあ行きましょう “遅かれ早かれ手を打たなければならない”
春野さんのこんな動きを見たのは 初めてです (徳井)まさかこんなことをするとは 思ってもみませんでした
“じゃあ 行きましょう”
春野さんは笑って机の上に座った。
“ねー様、ごめんなさい。今日は体が熱くてモヤモヤしていました。”
ねね様がジムに行きたがらなかったのは残念だった。でも、春野さんはそういう子でした。いつも一人で温泉に逃げ込むような子でした。
気持ちが変わってくれたら嬉しいなと思っていたのですが、彼女はただ鏡の前に立って、鏡に映った自分を見つめていました。
“いやいや…。私はまだ慣れていません。”だから我慢しなきゃ”
“じゃあ私のところに来て”
彼女は手を伸ばして私のシャツの裾を掴んだ。
春野さんのかわいい指が 私の胸を包み込んできました

Photo by MistyHCunningham

私は春野さんが教室でパンティを脱いでいるのを見ました。そして、春野さんは下着を下ろして机の上に置いた。そして春野さんは自分の胸をマッサージし始めました。
“あ、あ、あ、あ、あ、あ….. “あっ!”
これ以上続けるわけにはいきませんでした。私は春野さんの前に一歩踏み出しました。
“あー、そうだね!でも、でも、でも…. あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ !君と付き合いたいんだ!いやだ!ダメだ!ダメだ!やめて!やだ!ああ!ああ!”

“おい 春野さーん

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
お気軽にコメント残して頂ければ、うれしいです。
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。