掲載中の作品

ホテルの近くにはには小さなレストランがたくさんありました。

日本の家庭の典型的な夕食でした。
初めてなんですか? 」
初めての世界です。
驚きましたか? 」
” No!
” どうしてそんなことが言えるの? 」
” びっくりするほどではありません。 子供連れの女の子を最後に見たのは、私がこの世界に入ってからだった。 」
家の中では地位の高そうなおばさんが、私を見ていました。
周りにこれだけの人がいるのは慣れていません。 」
あー」「あー」「あー」「あー」「あー」「あー」「あー
そう言うと、家のおばさんは顔をしかめた。
ん? 」
もう一回言わないの? 」
そうですか? 」
慣れていないというわけではありません。 」
彼女はあまり喋らない人だった。
でも、「もう慣れた」と言うと、表情が柔らかくなりました。
“私 “と “あなた “の言い方を覚えておけばよかったのに。 」
はい? 」
私は彼女が何を言いたいのか理解できなかった。
“人と話すことができるようになった “というようなことを言いたくないのですか? 」
駄目です。
なるほど」はどうですか? 」
いいえ」と答えた。
私はただ彼女を見つめて答えた。

Photo by Cloudtail the Snow Leopard

ホテルの近くにはには小さなレストランがたくさんありました。
そこで二人は食事をしました。

この作品の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい
高評価作品一覧

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。